Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

Ledger Live 「API HTTP 5xx」エラーのトラブル解決

この記事では、Ledger LiveのBitcoin (BTC)、Bitcoin Cash (BCH)、Litecoin (LTC)、Dogecoin (DOGE)、Dash (DASH)、Polkadot (DOT)、Zcash (ZEC)、Solana (SOL)またはQtum (QTUM) アカウントの「API HTTP 500/503」エラーを解決する方法について説明します。

API HTTP 500/503エラー

Ledger Liveユーザーは、「Sorry, try again. The server could not handle your request - API HTTP 500/503」というメッセージが表示される場合があります。サーバーはリクエストを処理できませんでした - Bitcoin (BTC)、Bitcoin Cash (BCH)、Litecoin( LTC)、Dogecoin (DOGE)、Dash (DASH)、Zcash (ZEC)、Solana (SOL)、Polkadot (DOT)、またはQtum (QTUM)の送付、受取、スワップ、同期、または新しいアカウントの追加などのアクションを実行すると、API HTTP 500/503 エラーが発生する場合があります。

メディアプレビュー

メディアプレビュー

このエラーは通常、Ledger LiveがLedgerのサーバーを介してブロックチェーンネットワークに接続する際に問題が発生していることを示します。

問題解決

  • Ledger Liveアプリを最新バージョンに更新し、後ほどトランザクションを再試行してください。サービスのステータスは、status.ledger.comでご確認いただけます。
  •  
  • 可能であれば、Ledger Liveで問題が解決されるまでの間に、LedgerデバイスをLedger互換のサードパーティウォレットに接続してアカウントの管理を継続してください。例:
  • Bitcoinユーザーは、Ledgerデバイスを Bitcoin Electrum またはSparrowに接続可能。
  • Litecoinユーザーは、Ledgerデバイスを Litecoin Electrum に接続可能。
  • Polkadotユーザーは、Ledgerデバイスをpolkadot.jsに接続可能。
  • Solana ユーザーは、Ledgerデバイスを Solflare またはPhantomに接続可能です。

この記事は役に立ちましたか?