Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

MetaMaskとLedgerデバイスを使用して、保留中のEthereumトランザクションを高速化またはキャンセルする

この記事では、LedgerデバイスとサードパーティのウォレットMetaMaskを使用して、滞っているEthereumトランザクションを高速化またはキャンセルする方法についてご説明します。ガス代 (ネットワーク手数料) を低く設定すると、トランザクションが保留中としてスタックする可能性があります。

重要なお知らせ

Ledger Liveからトランザクションを送信し、保留状態が続く場合、そのトランザクションがMetaMaskトランザクション履歴に表示されないため、MetaMaskの「スピードアップ」機能を使用できません。ただし、このトランザクションを「キャンセル」したり、同じノンスを使用して高速化するためにより高い手数料で再送信することは可能です。詳しくはこちら

事前準備

  • MetaMaskでLedger ETHアカウントにアクセスしたことを確認する。詳細はこちら
高速化 キャンセル

送付トランザクションが滞って保留中として表示されることが確認できたら、MetaMaskに移動してトランザクションを高速化できます。 

  1. MetaMask拡張機能を開く。
  2. Ledger Liveから同じLedger ETHアカウントにアクセスした場合、保留中のトランザクションが表示されるはずです。
    mceclip0.png
  3. 高速化(Speed up)ボタンをクリックする。 
  4. ガス価格、ガス制限、優先手数料などの詳細を確認する。通常、MetaMaskは現在のネットワーク状態の設定を事前に入力するため、これらを編集せずにそのまま続行できます。
    mceclip1.png
  5. 「Save」をクリックする。
  6. LedgerデバイスがPCに接続され、ロックが解除され、ETH アプリが開いていることを確認する。 
  7. トランザクションの詳細を確認し、Ledgerデバイスで確定する。 

トランザクションがすぐに承認されるはずです。

この記事は役に立ちましたか?