Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

Monero (XMR) GUI がWindows OSでウイルスとして誤ってフラグ付けされる

この記事では、Windowsオペレーティングシステム上の一部のウイルス対策プログラムによって、Monero (XMR) GUIが誤ってウイルスとしてフラグ付けされる問題についての洞察をご提供します。 

Ledger Moneroアプリは、Moneroコミュニティと共同で開発されています。Monero GUIはMoneroコミュニティによって開発、サポートされています。

GUIに誤ったフラグが付けられる理由は?

Monero暗号資産を管理するための一般的なソフトウェアであるMonero GUIは、最近、一部のウイルス対策プログラムによってウイルスとしてフラグ付けされました。この誤ったフラグは、ソフトウェア内にマイナーが存在するために発生します。

マイナーは、ブロックチェーンネットワーク上のトランザクションを検証し、新しいブロックを作成するために使用されるプログラムです。その仕事の見返りに、マイナーは新しいコインで報われます。マイニングは暗号資産を獲得するための合法的な方法ですが、影響を受ける関係者の知らないうちに、マイニングするためのボットネットを作成するなど、悪意のある目的にも使用される可能性があります。

Monero GUIの場合、マイナーはデフォルトでは有効になっておらず、ユーザーが明示的に有効にする必要があります。ただし、マイナーが有効化されていても、Monero GUIをマイニングに使用するのはお勧めしません。これは、このソフトウェアはマイニング用に最適化されておらず、大量のシステムリソースを消費する可能性があり、パフォーマンスが低下し、コンピューターが損傷する可能性があるためです。

結論として、Monero GUIが一部のウイルス対策プログラムによって脅威として誤ってフラグ付けされる理由は、悪意のある目的に使用できるマイナーが含まれているためです。マイナーはユーザーが明示的に有効化する必要がありますが、パフォーマンスと法的な問題から、マイニングにMonero GUIを使用するのはお勧めしません。代わりに、専用のマイニングソフトウェアかクラウドベースのマイニングサービスを使用することをお勧めします。

 注意:

MoneroアカウントをLedger Liveに追加することはできません。LedgerでMoneroを操作する方法については、こちらのサポート記事をご参照ください。また、Ledger Liveには、現時点ではMoneroのマイニングをサポートする機能がありません。

お困りですか?

この記事は役に立ちましたか?