Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

Ethereumのスマートコントラクトのトークン承認と許可を取り消す方法

この記事では、Ethereumのスマートコントラクトのトークン承認とアクセス許可を取り消す方法についてご説明します。

悪意のあるスマートコントラクトに署名してしまった場合、または署名したスマートコントラクトが悪用された場合は、承認とアクセス許可を取り消すことができます。また、特定のスマートコントラクトとやり取りしたくない場合にも、承認の取り消しが可能です。

スマートコントラクトとは? 

スマートコントラクトは、ブロックチェーンに保存され、所定の条件が満たされたときに実行されるプログラムです。スマートコントラクトは、当事者間の契約の実行を簡素化および自動化するために使用されます。また、実行時間を短縮し、仲介者の関与を排除または最小限に抑えます。Ledger Academyでスマートコントラクトの詳細を確認できます。

トークン承認と許可とは?

トークン承認と許可は、暗号資産ウォレット内のトークンとNFTにアクセスするために、分散型アプリケーション(スマートコントラクトおよびプロトコル)に付与されます。承認は、ERC-20、ERC-721、およびERC-1155のトークンとNFTに適用できます。 

トークンの承認を取り消すには?

重要なお知らせ

Etherscan Token Approval(トークン承認)ツールはベータ版で動作しています。Ledgerは、このツールの継続的な使用による直接的または間接的な損失について、一切の保証を行わず、責任を負いません。

事前準備

この手順では、スマートコントラクトのトークン承認を取り消すために、Etherscan(イーサスキャン)のトークン承認(Token Approval)ツールを使用します。このツールはサードパーティによって提供されているため、完全な機能を保証することはできません。トランザクションを取り消すと、ガス代が発生します。

  1. Etherscanのトークン承認ツールウェブサイトにアクセスする。
  2. 「Connect to Web3(Web 3.0に接続)」をクリックする。
  3. ポップアップウィンドウで「MetaMask」を選択する。
  4. MetaMask で、Ledger ETHアカウントを選択し、「Next」をクリックする。
  5. 「Connect (接続) 」をクリックする。
  6. Etherscanのトークン承認ツールでは、そのアカウントのすべての承認が表示されます。
    • トークン承認用のERC-20タブを選択する
    • NFT承認用のERC-721タブを選択する
    • NFT承認用のERC-1155タブを選択する
  7. 取り消す承認を見つけたら、その横にある「Revoke(取り消す)」ボタンをクリックする。
  8. Token情報とSpender(トークンの所有者によって承認された場合にのみ、誰かに代わってトークンを転送できる人)を確認し、Revokeをクリックする。
  9. MetaMaskでトランザクションの詳細を確認し、「Confirm(確定)」をクリックする(Ledgerデバイスのロックが解除され、ETHアプリが開いていることを確認する)。
  10. Ledgerデバイスでトランザクションを確認し、「Accept and send」をクリックする。

トークン承認が正常に取り消されました。

TOKEN_REVOKE.gif

次のステップ

カスタム支出制限でトークン承認/許可をカスタマイズする

 

この記事は役に立ちましたか?