Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

カスタムネットワークをMetaMaskに追加する方法

この記事では、カスタムネットワークがネットワークセクションに表示されない場合に、MetaMaskに追加する方法についてご説明します。

事前準備

  • MetaMaskとLedgerデバイスがセットアップされていることを確認する。詳細はこちら
  • MetaMaskに追加するネットワークの詳細があることを確認する。詳細はこちら

重要なお知らせ

悪意のあるネットワークプロバイダーは、ブロックチェーンの状態について嘘をつき、お客様のネットワークアクティビティを記録する可能性があります。信頼できるカスタムネットワークのみを追加してください。

Chainlistを使用してMetaMaskにカスタムネットワークを追加する

  1. Chainlistのウェブサイトを開き、MetaMaskウォレットに接続する。
    Chainlist.png
  2. Ledger ETHアカウントに接続する。
    Chainlist_2.png
  3. Chainlistで、MetaMaskに追加するネットワークを選択する必要があります。例えば、Binance Smart Chainを選択します。
  4. 「Approve(承認)」をクリックして、ChainlistがネットワークをMetaMaskに追加できるようにする。

    CHAINLIST.GIF

  5. MetaMaskに戻る。BNBネットワークに切り替わっているはずです。

カスタムネットワークを手動でMetaMaskに追加する

  1. ブラウザでMetaMaskを開き、Ethereumネットワークをクリックする。

    MM_CUSTOM_NETWORK.png

  2. 「Add Network」をクリックする。

    MM_CUSTOM_NETWORK_2.png

    人気のあるネットワークのリストを含む、新しいMetaMaskタブが開きます。
  3. リストに追加するネットワークが表示されたら、「Add」をクリックする。MM_CUSTOM_NETWORK_3.png
    ネットワークが存在しない場合は、「Add a network manually(手動でネットワークを追加)」をクリックします。
  4. ネットワークの詳細フォームに入力する。カスタムネットワークを追加するには、次の詳細が必要です。
    Network Name: 
    New RPC URL:
    Chain ID:
    Currency Symbol:
    Block Explorer URL:

    それらは、追加するネットワークのドキュメントウェブサイト()またはChainlistで見つけることができます。 

    一般的ないくつかのEVM チェーンのネットワークの詳細を以下でご確認ください。

    Cronos Arbitrum KCC XDC
    Network Name:Cronos
    New RPC URL: https://evm.cronos.org
    Chain ID: 25
    Currency Symbol: CRO
    Block Explorer URL: https://cronoscan.com/
  5. 詳細をすべて入力したら、「Save」をクリックするMM_CUSTOM_NETWORK_4.png
  6. これで、カスタムネットワークに切り替えることができるようになりました。MM_CUSTOM_NETWORK_5.png

この記事は役に立ちましたか?