Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

BinanceからLedgerウォレットに暗号資産を引き出す方法

取引所で暗号資産を保有している場合、その取引所があなたに代わってアカウントを作成および管理し、秘密鍵を管理します。

Ledgerの場合は、独自の暗号資産アカウントを作成し、秘密鍵を管理することが可能です。

この記事では、BinanceからLedgerウォレットに暗号資産を引き出す方法を説明します。

それでは始めましょう。

Binanceアカウントにログイン

  1. Binance.comへ移動してアカウントにログイン。
  2. 画面上のメニューバーからWallet → Fiat and Spotを選択

image3.png

  1. 「Withdraw(出金)」クリックする

image2.png

  1. 出金する暗号資産の金額を入力する。
  2. 数量を入力する。

image1.png

次に、Ledgerの入金アドレスを生成する。その前に、まず正しいネットワークを選択する必要があります。

 ネットワークの仕組みとは?

ネットワークはブロックチェーンの別称です。暗号資産は、ネットワーク上に機能するのです。実際、一部の暗号資産は複数のネットワーク上で実行できます。Binanceから暗号資産を出金する前に、どのネットワークで実行されているか調べましょう。サポートされているブロックチェーンを使用して暗号資産を Ledgerウォレットに出金する必要があります。

正しいネットワークの選択

ほとんどの場合、Binanceはアドレスを正しいネットワークに自動的に照合します。

ただし、暗号資産を引き出す前に、正しいネットワークが選択されていることを必ず再確認してください。Binanceで選択したネットワークは、Ledger Liveアプリで選択したネットワークと同一でなければなりません。

基本的なルールとしては、常にコインのネイティブネットワークを選択するようにします。例:

  • BTC → Bitcoin network
  • ETH → Ethereum network
  • BNB → Binance Smart Chain network
  • ETC → Ethereum Classic network
  • DOT → Polkadot network

ただし、状況が複雑になる場合があります。CROは、Crypto.orgおよびCronosチェーンのネイティブコインとなり、注意が必要です。USDT (テザー)もまた、さまざまなブロックチェーン間で実行できます。

Ledger入金アドレスを生成する

 アカウントをお持ちでないですか?

上記の手順に従うと、アカウントが自動的に作成されます。それが完了すると、アドレスページが表示されます。

  1. Ledger Liveアプリを開く。
  2. 左側のサイドバーメニューに移動し、受け取るをクリックする。
  3. 取引所で選択したものと同じ暗号資産を選択。
  4. Binanceで選択したものと同じネットワークを選択。ネットワークがリストにない場合、Ledger Liveはそのネットワークをサポートしていないことを意味します。
  5. Ledgerデバイスを接続して、ロックを解除する。入金アドレスが表示されます。

QRコードが表示されます。「アドレスをコピー」をクリックする

入金アドレスを認証

Ledger Liveアプリは、Ledgerデバイスなしで入金アドレスを提供可能です。ただし、これらのアドレスは認証されていないため、安全ではない可能性があります。認証していないアドレスを使用する場合は、ご自身の責任で行ってください。

⚠️デバイスを信頼する:Ledgerデバイスの表示のみが信頼可能です。次に、入金アドレスが正しく、デバイスに表示されているアドレスと一致していることを確認します。

Ledger Liveアプリからコピーしたアドレスと、Ledgerデバイスに表示されているアドレスを比較します。Ledgerデバイスには、Ledger Liveアプリと同じ入金アドレスが表示されますか?

アドレスの認証が完了したので、Binanceのフィールドに貼り付け、Ledger Liveのアドレスと一致することを確認します。

任意この手順を繰り返したくない場合は、確認済みの入金アドレスを Binanceアドレス帳に追加することもできます。

  1. Security > Withdrawal Whitelistに移動。
  2. 「Add address」クリックする
  3. ネットワークと名前、アドレスを入力。
  4. 「保存」クリックする

準備完了です。

出金を最終確認

 ポイント

まず少額を送付し、トランザクションが受信されたことを確認してから、より大きな金額を送付してください。

  1. 確認したら、Binanceアカウントに戻り、入金アドレスをアドレスフィールドに貼り付けます。貼り付けたアドレスが、Ledgerデバイスに表示されたアドレスと同じであることを確認してください。
  2. 「Withdraw」をクリックする。
  3. 二要素認証を実行

トランザクションが処理されるまで待機しましょう。ブロックチェーンネットワークでは、トランザクションの処理にかかる時間が異なります。

秘密鍵と暗号資産を自分自身で確実に管理しましょう。ようこそ、セルフカストディの世界へ。

 Ledger LiveでBinanceからの出金が表示されません

  • 資産を受け取るために正しいネットワークを使用したかどうかを確認してください: BinanceからLedgerアカウントで資産を受け取る際に出金用のネットワークを選択できる場合があります。Ledger Liveでアカウントの資産を確認できるように、正しいネットワークを選択することが重要です。間違ったネットワークを選択した場合、Ledger Liveで資産が表示されないない理由である可能性があります。詳細はこちら
  • トランザクションタイプを確認:Binance は、取引所からLedgerウォレットを含むさまざまな外部ウォレットに資金を転送する際のネットワーク手数料を節約するために、イーサリアム (ETH) の出金をバッチにグループ化することがよくあります。これらのバッチ処理済みのトランザクションはスマートコントラクトによって処理され、内部トランザクションとしてイーサリアムブロックチェーンに記録されます。Ledger Liveは、これらのバッチトランザクションを認識しないことに注意してください。ご安心ください。あなたの資金は安全です。それらは、etherscan.ioのEtherscanのEthereumアカウントの「内部トランザクション」セクションで表示できます。

この記事は役に立ちましたか?