Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

Ledger Litecoin (LTC) アカウントをElectrum に接続する方法

この記事では、Ledger 互換のサードパーティウォレットである Electrumに接続されたLedgerデバイスでLitecoin (LTC) アカウントを管理する方法について説明します。

事前準備

  • Ledgerデバイスに、最新バージョンのLitecoin (LTC) アプリがインストールされていることを確認する。

    mceclip0.png
  • Electrumと競合する可能性があるため、必ずLedger Liveを終了する。

Litecoin (LTC) アカウントをElectrumに接続する

  1. electrum-ltc.orgに移動して、Electrumをダウンロードしてコンピューターにインストールする。
  2. コンピューターでElectrumを開く。サーバーへの接続方法を尋ねられたら、「Auto connect(自動接続)」を選択して「Next」をクリックする。
  3. ウォレットに名前を付けて(またはデフォルト名のままにして)、「Next」をクリックする。
  4. 「Standard wallet」を選択し、「Next」をクリックする。
  5. Ledgerデバイスで、Litecoinアプリ開いていることを確認する。
    Ledgerに「Application is ready」と表示されます。
  6. Electrumに戻り、「Use a hardware device(ハードウェアデバイスを使用する)」を選択して「Next」をクリックする。
  7. デバイスを選択し、「Next」をクリックする。

    mceclip3.png

  8. アカウント派生パス(デフォルトではnative segwit)を選択し、「Next」をクリックする。

    mceclip4.png

    どの派生パスを選択すればよいかわからない場合は、Ledger Liveでアカウントの派生パスを確認してから、Ledger Liveを閉じる。

    mceclip5.png

  9. 必要に応じて、「Encrypt wallet file(ウォレットファイルを暗号化する)」を選択し、「Next」をクリックする。

    mceclip6.png

    Ledger Litecoin (LTC) アカウントトランザクション履歴が表示されます。
    これで準備完了です。LedgerデバイスとElectrumを使用してLitecoin (LTC) を送受信できるようになりました。

    それらが表示されない場合は、手順 8に戻って別の派生パスを選択してください。

    mceclip8.png


この記事は役に立ちましたか?