Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

取引所から暗号資産を出金:適切なネットワークを選択する方法

 暗号資産を取引所からLedgerウォレットに送る場合、適切なネットワークを選択することが重要です。間違ったネットワークを選択すると、暗号資産を失う可能性があります。 詳細はこちら

この記事では、ネットワークとは正確には何なのか、コインとトークンの違い、Ledger Live および仮想通貨の出金元の取引所で適切なネットワークを選択する、および暗号資産を出金する方法を解説します。また、暗号資産を間違ったネットワークに送付した場合に役立つリソースを共有します。

ネットワークの仕組みとは?

ネットワークはブロックチェーンの別称です。これは、中央機関やサーバーを必要とせずにトランザクションを処理、検証、記録する分散型台帳であることを意味します。

暗号資産は、ネットワーク上に機能するのです。各ネットワークには、送受信できるネイティブコインが存在し、ステーキングが可能な場合もあります。

コイン vs トークン

コインとトークンという用語は、暗号資産業界では同じ意味で使用されることがよくあります。

しかし、両者には違いがあります。

Coin(コイン) Token (トークン)
ネットワークによって直接発行されたネイティブアセット 既存のネットワーク上に作成される
ブロックチェーンを構築しないとコインは作成できない 既存のブロックチェーン上にトークンを作成できる
主に価値を保存し、取引手数料の支払いや交換媒体として機能するように設計されている DAOでの投票権や特定のサービスや製品へのアクセスなど、さまざまな目的に使用できる

ネイティブコインの代表例には、BTC、ETH、CRO、LTC、ADA などがあります。

ETHはイーサリアムブロックチェーンのネイティブコインですが、多数のERC-20トークンも構築されています。

トークンのもう1つの例は、CROです。CROは、プラットフォームで手数料を支払ったり、ステーキングに使用できる、Crypto.comエコシステムのユーティリティトークンです。

Tetherは、Bitcoin (Omni & Liquidプロトコル)、Ethereum、TRON、EOS、Algorand、Solana、Arbitrum、Polygon などの複数のブロックチェーン上に構築されたトークンを発行できます。

適切なネットワークを選択

 重要事項

出金ネットワーク - 暗号資産を出金するときに取引所で選択するネットワーク。

入金ネットワーク - Ledgerウォレットに資金を入金するネットワーク。

取引所で選択した出金ネットワークは、Ledgerウォレットで選択した入金ネットワークと一致する必要があります。

image2.jpg

多くの場合、Binanceは自動的にターゲットアドレスを正しいネットワークにマッチングしてくれますが、Ledgerウォレットにコインを送る前に、正しいネットワークが選択されていることを必ず再確認してください。

また、暗号資産を取引所とLedger Liveの両方でサポートされているネットワークに出金していることを確認する必要があります。

ここでは、Coinbaseモバイルアプリのネットワークフィールドを確認できます。

image3.jpg

以下は、Binance(バイナンス)取引所のネットワークフィールド:

image1.png

正しいネットワークは、出金する暗号資産によって異なります。役立つヒントをいくつかご紹介します。

  • BTC → Bitcoin network
  • ETH and ERC20 tokens → Ethereum network
  • LTC → Litecoin network
  • BNB and BEP20 tokens → BNB/BEP20 network
  • TRX、TRC10およびUSDTを含むTRC10トークン → Tron/TRX ネットワーク

ただし、状況が複雑になる場合があります。CROでは、特に注意が必要ですもう1つの例は、さまざまなネットワーク上で実行できるUSDTです。その場合、USDT(ERC20)をイーサリアムアカウントに、またはUSDT(TRC20)をトロンアカウントに必ず出金する必要があります。

暗号資産を間違ったネットワークに送信するとどうなる?

リカバリープロセスは、暗号資産を送信したネットワーク、使用したアドレス、暗号資産がLedgerウォレットでサポートされているかどうかによって異なります。

以下では、いくつかの役立つ情報を確認できます。

  • 暗号資産を間違ったネットワークに出金しましたか? こちらの手順をお試しいただけるかもしれません。
  • 間違ったEVMネットワークを選択しましたか?よくある質問をご覧ください。
  • Binance Smart Chain (BEP20) ネットワーク経由で誤って Ethereum Classic (ETC) を引き出しましたか?この記事を参考にして問題を解決できます
  • Cronos Networkを使用して暗号資産を送付しましたが、Ledger Liveで確認できません。問題解決方法を確認する

この記事は役に立ちましたか?