Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

Rarible(ラリブル)を介してNFTコレクションを管理する方法

この記事では、LedgerデバイスとRaribleを使用してEthereum(ETH)またはPolygon NFTコレクションを表示および管理する方法について説明します。Raribleの詳細はこちら

詳しくはEthereumウォレットのページをご確認ください。 

事前準備

  • こちらのリンクから、必ずLedger Liveの最新バージョンにアップデートする。
  • Ledger Liveを開き、My LedgerからLedgerデバイスを接続し、Ledgerデバイスが最新のファームウェアバージョンを実行していることを確認する。
  • Ledgerデバイスに最新バージョンのEthereum (ETH) アプリがインストールされていることを確認する。

    mceclip0.png

LedgerアカウントをRaribleに接続する

  1. Ledgerデバイスをコンピューターに接続し、ロックを解除する。
  2. こちらの手順に従い、Ledger Ethereum (ETH) アカウントMetaMask接続する。
  3. EthereumアカウントがMetaMaskに接続されたら、ブラウザで新しいタブを開き、 Raribleに移動する。
  4. ウェブサイトで、Connect wallet(ウォレットを接続) > Metamaskを選択する。
    MetaMaskポップアップが画面に表示されます。
  5. Ledgerアカウントを選択し、「Next」をクリックする。

    mceclip0.png

  6. Connectをクリックして、Sign(署名)する。

    mceclip1.png

    Ledgerデバイスに、Sign messageと表示されます。
  7. ボタンを使用して、Ledger画面のメッセージを確認する。すべて問題ないようであれば、「Sign message」に移動し、両方のボタンを同時に押してトランザクションに署名する。
    LedgerアカウントがRaribleに接続します。
  8. ファビコン(ウェブ上のアイコン)をクリックする。

    mceclip2.png

  9. 「View profile(プロフィールを表示)」>「Owned(所有済み)」を選択する。
    アプリにお客様のNFTコレクションが表示されます。

    mceclip3.png

RaribleでNFTを転送する

  1. お客様のNFTコレクションでNFTを選択し、「...」>「Transfer(転送)」をクリックする。

    mceclip5.png

  2. 転送先アドレスを入力し、「Continue」をクリックする。
  3. MetaMaskでトランザクションを確定する。

    mceclip6.png

    Ledgerデバイスに、「Review transaction(トランザクションを確認)」と表示されます。
  4. ボタンを使用して、Ledger画面でトランザクションを確認する。すべて問題がなければ、「Accept and Send」に移動し、両方のボタンを同時に押して、トランザクションに署名する。
    これで完了です。

    ブロックチェーンでトランザクションが承認されると、当該NFTが転送先ウォレットに表示されます。

この記事は役に立ちましたか?