Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

Binance Smart Chain (BSC) ネットワーク経由でEthereum Classic (ETC) を誤って送信してしまった場合

この記事では、Binance Smart Chain (BNB) ネットワーク経由で、Ledger Ethereum Classicアドレスに誤って送信されたEthereum Classic (ETC)コインにアクセスする方法について説明します。

重要なお知らせ

  • このチュートリアルは、復元目的のみで使用してください。ETCを保管する際に推奨されている方法は、こちらをご覧ください。
  • この記事では、デベロッパー(開発者)モードが有効になっているLedger LiveのMy Ledgerから、LedgerデバイスにインストールできるEth recoveryアプリと呼ばれるEthereumアプリの特別バージョンを使用します。

事前準備

  • Ledgerデバイスのファームウェアのバージョンが最新であることを確認する。
  • Ledgerデバイスに最新バージョンのEth recoveryアプリがインストールされていることを確認する。
  • アプリがデバイスにインストールされたら、必ずLedger Liveを閉じる

MyEtherWalletからETCにアクセスする

接続エラー

  • ブラウザにインストールされているさまざまな拡張機能が原因で、MEWウェブサイトで接続エラーが表示される場合があります。
  • シークレットモード (Control + Shift + N/Command + Shift + N) に接続し、通常モードでブラウザを閉じます。
  1. Ledger Liveで、「設定」に移動する。
  2. 試験的機能に移動する。
  3. 「デベロッパーモード」を有効にする。
  4. My Ledger に移動する(Ledger デバイスが接続され、ロックが解除されていることを確認する)。
  5. ETH recoveryアプリをインストールする
  6. MEWウォレットのウェブサイトにアクセスする。https://www.myetherwallet.com/
  7. 「Access My Wallet(私のウォレットにアクセス)」をクリックする。
  8. 「Hardware wallets」->「Ledger」を選択する。
  9. Ledgerデバイスのロックが解除され、お使いのPCに接続されていることを確認する。 
  10. LedgerデバイスでETH recoveryアプリを開く。
  11. MyEtherWalletConnecting to: Eth Recovery and deriveation pathを選択し、スクリーンショットのようにカスタムパス 8m/44'/61'8 を追加します。

    Screenshot_2023-04-25_at_11.23.17.png

  12. カスタム派生パスを選び、Connect via USBをクリック。
  13. アドレスのドロップダウンで、自分のアドレスを見つける(通常は最初のアドレスになります)。
  14. 「Network - Binance Smart Chain」を選択する。

    MEW_.png

  15. Connect(接続)。すべてが正しく行われていれば、Binance-Peg ETC が残高に表示されるはずです。

ETC_MEW_BSC.gif

Binance-Peg ETCをEthereum Classicネットワークに送付する

ネットワーク手数料を取引所に送り返すには、いくらかBNBが必要です。

  1. BNB(約0.001 BNB)をEthereum ClassicのBNBアドレスに送付する。
  2. ETCを取引所に返送する。取引所で、ETCデポジットとBNB (BEP20) ネットワークを選択する。これは非常に重要です。
  3. 取引所でETCを受け取るはずです

Ledger Liveがご提供するLedger Ethereum Classic (ETC) アカウントにETCコインを送り返し、正しい Ethereum Classic Networkを選択できるようになりました。

この記事は役に立ちましたか?