Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

Ledgerへの移行に関するアーティスト向けガイド

Ledgerでは、アーティストの方がコールドウォレットストレージに移行するのが難しい場合があることを理解しています。特に、MetaMaskですべてをセットアップ済みの場合はなおさらです。

一方で、これはアーティストの方にとって特に重要なステップです。なぜなら、秘密鍵が侵害された場合、資金とNFTを失うだけでなく、最も重要なことは、流通市場での将来のロイヤリティと、お気に入りのマーケットプレイスへのアクセスも失うことを意味します。

ハードウェアウォレットで暗号資産のセキュリティを最大限に高めたいとお考えのアーティストやデジタルアートコレクターの方は、この記事をぜひお読みください。ここでは、資金と代替不可能なトークンをホットウォレットアカウントからLedgerに安全に移行する方法をご紹介します。 

この記事では、移行方法をご説明するだけでなく、安全にミントをドロップしてNFTを管理できるように、新しい受け取りアドレスを生成する方法もお伝えすることを目的としています。新しいシードフレーズ(「リカバリーフレーズ」とも呼ばれます)とデポジット/受け取りアドレスを作成すると、そのシードフレーズの下で行う操作はすべて完全に保護され、セキュリティが確保されます

事前準備

コールドウォレット保管とは? 

暗号資産ウォレット(「ホット」ウォレットおよび「コールド」ウォレットとも呼ばれる)は、ブロックチェーン資産を管理し、安全に保つためのシステムです。使用するウォレットは、資金の安全性と、資金をどれだけ管理できるかに影響を与える可能性があります

MetaMask、MyEtherWallet、Phantom、Keplrなどのホットウォレットは、暗号資産の秘密鍵をインターネットに接続されたソフトウェアに保管しますが、コールドウォレットはそれらをオフラインに保ち、インターネットから完全に切り離します。 

ソフトウェアウォレットには複数の欠陥あり、暗号資産を長期保管するのに使用するのは安全ではありませんこの背後にある理由は次のとおりです。

  • ホットウォレットは常にインターネットに接続されているため、インターネット接続を介して展開されるハッキングに対して脆弱です。
  • ホットウォレットは、コンピューターやスマホの画面にリカバリーフレーズを表示します。これも常に接続されているため、表示される単語を誰かが見ているかどうかを知る方法はありません。一度オンラインになると、常にオンラインです。

nano2.jpegnano1.jpeg

(Ledger Nano S plusとXが、最も人気のあるコールド保管用ウォレットです)

12単語のMetaMaskシードフレーズを使用してLedgerデバイスを復元するのは安全ですか?

いいえMetaMaskの12単語からなる秘密のリカバリーフレーズをLedgerデバイスで復元またはインポートするのは安全ではありません

mceclip0.png

スマホやコンピューターに感染するマルウェアは、ソフトウェアウォレットに簡単にアクセスして、お客様の鍵をログに記録したりリカバリーフレーズを抽出したりできます詳細については、こちらをご覧ください

MetaMaskリカバリフレーズをLedgerデバイスにシードすると、Ledgerウォレットを使用する目的が無効になりますこれは、資金のセキュリティが、MetaMaskウォレットによって作成された瞬間から侵害された可能性があるリカバリフレーズに依存するためです。実際に、お客様の鍵やリカバリーフレーズは、お客様が知らないうちにすでに侵害されている可能性があり、ハッカーらは、数週間、あるいは数か月待ってから、お客様の貴重な暗号資産を盗む行動を起こすかもしれません。  

そのため、安全なリカバリーフレーズを作成する唯一の方法は、完全にオフラインで生成することです。Ledgerの24単語のフレーズは、デジタルコピーがないため、ハッカーの手に渡らず安全です。したがって、Ledgerデバイスには、Ledgerデバイスまたは別のハードウェアウォレットによって生成されたリカバリフレーズのみをシードする必要があります。

Ledgerのリカバリーフレーズと、それらを安全に保つ方法の詳細については、こちらをご覧ください

MetaMaskアカウントからLedgerアカウントに資金を安全に移行する方法は?

  1. このリンクからLedger Liveダウンロードする
  2. Ledger LiveでLedgerアカウントを作成する。詳しくはこちらをご参照ください
  3. Ledger Liveを使用して、Ledgerアカウントにデポジットアドレスを生成する。詳しくはこちらをご参照ください
  4. MetaMaskの「Send(送付)」ボタンを使用して、MetaMaskアカウントからLedgerアカウントに資金を送付する。詳しくはこちらをご参照ください

send-matic-metamask_ledger.gif

Ethereum NFTをMetamaskからLedgerアカウントに転送する方法

  1. Ledgerデバイスをコンピューターに接続し、ロックを解除する。
  2. Ledger Live開き「アカウント」タブに移動して「アカウントを追加」をクリックする。
  3. Ethereum (ETH) 選択し、画面の指示に従ってEthereumアカウントをLedger Liveに追加する。
  4. Ethereum (ETH) アカウントを開き、「受け取る」を選択する。

    mceclip0.png
  5. 画面の指示に従ってEthereumデポジット(入金)アドレスを生成コピーボタンクリックしてアドレスをクリップボードにコピーする。

    mceclip0.png
  6. Ledgerデバイスで右ボタンを使用して、画面に表示されるアドレスがLedger Liveのアドレス一致することを認証する。すべて問題がなければ、「Approve(承認)」を選択し、両方のボタンを同時に押してアドレス確定する。
  7. OpenSea移動し、Metamask Ethereumアカウントを接続して、プロフィールとコレクションに移動する。

    os_meta.png

  8. 転送したいNFTを最大20個選択する。

    mceclip2.png
  9. Ledger Ethereum (ETH) のデポジットアドレスを貼り付けて、「Transfer」をクリックする。
  10. デバイスの画面上のメッセージを受け入れてすべての許可を設定する。

    mceclip4.png

  11. MetaMaskで転送確定する
    これで完了です。
    Ethereumネットワークでトランザクションが承認されると、お客様のNFTLdger LiveEthereumアカウントのNFTコレクションのセクションに表示されます

    mceclip5.png

では…次は?

一息ついてください。初めは本当に大変だと思います。いくつか要点をまとめると:

  • Ledgerデバイスは、「コールドウォレット」保管とも呼ばれます。Ledgerデバイスは、24単語の暗号化されたオフラインのシードフレーズを作成します。このシードフレーズはまさに、暗号資産のマスターキーです
  • セットアッププロセスを完了し、「+アカウントを追加」すると、受け取りアドレスが生成され、新しく作成されたアカウントにNFTの送付を開始できます。覚えておいてください:NFTはブロックチェーン自体に存在します。資産を移転することによって実際に行っていることは、そのNFTの所有権を、新しく生成されたパブリックウォレットアドレス(新しく生成されたオフラインの安全な24単語と秘密鍵に関連付けられている)に更新するだけのことです。
  • 12単語のMetaMaskシードフレーズアカウントをLedgerにインポートしない。新しいシードフレーズを作成し、MetaMaskからLedgerにすべての価値を送付する。
  • 新しい24単語のシードフレーズと受け取りアドレスを生成したらLedgerエコシステムのセキュリティ内で、新しいミントやNFTの立ち上げなどを行えます

プロセスについて不明な点がある場合や一般的なご質問がある場合は、Ledgerカスタマーサポートにお気軽にご連絡ください。私たちは、Web 3.0が提供するすべてを活用してアーティストとコレクターの方々をご支援し、安心して作成と収集を続けられるようにいたします。

この記事は役に立ちましたか?