Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

MyEtherWalletでXDC Networkアカウントを作成する方法

XDCユーザーへの注意

一部のユーザーは、XDCアカウントにアクセスするのにLedgerをMyEtherWalletに接続しようとすると、問題が発生する場合があります。これに当てはまる場合は、 こちらのヘルプセンターの記事をご参照ください。

このチュートリアルでは、デスクトップコンピューターで、LedgerデバイスとMyEtherWalletを使用して、最初のXinfin XDC Network (XDC) アカウントを作成する方法をご説明します。
 
XDC Networkアプリは、XinFinコミュニティによって開発・サポートされています

 重要なお知らせ

  • このチュートリアルは、最初のXDCアカウントを作成するためのものです。
  • お客様のXDCアカウントが、以前にMetamaskEthereum (ETH) アプリを使用して作成された場合は、代わりにこのチュートリアルを使用してXDC残高にアクセスしてください。

事前準備

  • 通知バナーからLedger Liveをアップデートするか、最新バージョンをダウンロードしてください。
  • Ledger Nano SNano S Plus / Nano Xのファームウェアを アップデートする。

準備はよろしいですか?それでは、本題に入りましょう!

LedgerデバイスでXDC Network (XDC) アプリをインストール

  1. Ledgerデバイスを接続してロックを解除する。
  2. Ledger Liveを開きMy Ledgerに移動する
  3. 求められたらLedgerデバイスの両方のボタンを同時に押してMy Ledgerへのアクセスを許可する。 
  4. My Ledgerアプリカタログ選択し、Ethereum (ETH) アプリを検索して、「インストール」をクリックする。
     Ethereum (ETH) アプリは、XDC Network の前にインストールする必要があります。そうでない場合、Ledger Liveがエラー0x6811を返します。
    mceclip1.png
  5. 次にXDCネットワークアプリを検索し、「インストール」をクリックする。
    以上です。
    mceclip0.png

MyEtherWalletで最初のLedger XDC Networkアカウントを作成

  1. Ledgerデバイスをコンピューター接続し、ロックを解除する。
  2. Ledger Liveを閉じブラウザを開き、MyEtherWallet (MEW) に移動する。
  3. ウェブサイトで、「Access My Wallet(ウォレットにアクセス)」 > 「Hardware Wallet(ハードウェアウォレット)」を選択し、「Ledger」を選択する。
  4. LedgerデバイスXDC Networkアプリに移動し、両方のボタンを同時に押してアプリを開く
    Ledgerデバイスに「Application is ready」と表示されます。
  5. MEWに戻り、「Connecting to XDC.Network」および「XDC Network M/44'/550'/0/0」を選択し、「Connect via USB(USBで接続)」をクリックする。 
    mceclip1.png
  6. 求められたら、Ledgerデバイスを選択し、Connectをクリックする。

    mceclip3.png

  7. 次に、リストからXDCアカウントを選択し、「Network」「XDC Network」が選択されていることを確認し、Terms(利用規約)に同意して「Access My Wallet(ウォレットにアクセス)」を選択する。

    mceclip4.png
    Ledger XDC Network (XDC) アカウントがダッシュボードに表示されます。
  8. XDC資金をアカウントに送信するには、コピーボタンをクリックしてデポジット(入金)アドレスをクリップボードにコピーする。
    このアドレスを使用して、XDC資金をLedgerアカウントに送付できます。

    mceclip5.png

Ledger XDCアカウントからXDCを送付

  1. Ledgerデバイスを接続してロックを解除し、XDC Networkアプリを開く。
    Ledgerに「Application is ready」と表示されます。
  2. MyEtherWalletで、「Send(送付)」ボタンをクリックする。

    mceclip3.png
  3. トークン数量宛先アドレスを選択する。

     アドレスエラーが無効です

    • 別のXDCネットワークアカウントに送付すると、「アドレスが無効です」というエラーが発生する場合があります。

      mceclip4.png
    • この問題は、宛先アドレスのプレフィックス「xdc」「0x」置き換えることで解決できます。
      例:xdc0762a5dd612c893(...)581d0a69e8eb9044a becomes 0x0762a5dd612c893(...)581d0a69e8eb9044a
    • その送付を初めて行う場合は、最初に少量のテスト送付を行うのを強くお勧めします。
  4. 「Next」をクリックしてトランザクションを確認し、「Confirm」「Send」を選択する。
    Ledgerに 「Review transaction(トランザクションを確認)」と表示されます。
    mceclip5.png
  5. ボタンを使用して、数量宛先アドレス手数料を確認する。すべて問題がなければ、「Accept and Send」を選択し、両方のボタンを同時に押してトランザクションに署名する。 
    MyEtherWalletに、「Transaction initiated(トランザクションが開始されました)」と表示されます。
  6. 「Close(終了)」をクリックする。
    以上です!
    XDC ネットワークでトランザクションが承認されると、XDCデポジットが宛先アカウントに表示されます。
    MyEtherWalletのTx Historyで選択することにより、トランザクションのステータスを追跡できます。

    mceclip6.png

この記事は役に立ちましたか?