Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

暗号資産アドレススイッチャーマルウェア

この記事は、アドレススイッチャーなどの危険なマルウェアについての認識を高めます。このタイプのマルウェアは、トランザクションを確定する際に注意しないと、PCに感染し、資金の損失につながる可能性があります。

その仕組みとは?

マルウェアアンチウイルスは、特定の暗号資産のアドレスに類似した文字と数字の文字列をクリップボードにコピーするたびにトリガーされます。アドレスをコピーすると、マルウェアはクリップボード内のコピーされたアドレスを独自の悪意のあるアドレスに置き換えますマルウェアの詳細については、こちらをご覧ください

例えば、お客様は取引所に1BTCを送付するとします。お客様は取引所に行き、その取引所のBTC用の入金アドレスをコピーします。次に、Ledger Liveに移動し、1BTCを「送付」をクリックして、アドレスフィールドにクリップボードからそのアドレスを貼り付けます。よく注意して見ると、アドレスがクリップボードで置き換えられていることがわかります。これは取引所のアドレスではなく、詐欺師のアドレスが貼り付けられているのです。

address_switcher_flowchart.png

どうすればいいですか?

間違ったアドレスに送金されないようにするには、次の手順に従ってください: 

  1. Ledgerデバイスでトランザクションの詳細(アドレス、数量)を常に確認してから、トランザクションを確定する。Ledgerデバイスは、最終的な資金の送信先アドレスを表示します。これをクリア署名と呼びますもっと詳しく知る
  2. PCのフルスキャンを実行してマルウェアを探す。
  3. コンピューターに最新バージョンのウイルス対策がインストールされていることを確認する。
  4. ウイルス対策ソフトウェアでフルスキャンを定期的に実行する。
  5. ネットワークを保護する。
  6. 信頼できないリンクをクリックしない。
  7. 疑わしいサイトやライセンスのないソフトウェアは避ける。

さらに、場合によっては、Ledger Liveがそのような疑わしいアクティビティを検出し、その旨を通知することがあります。これは、取引所からLedger Liveアドレスに資金を送金する場合に発生する可能性があります。 

「コピーしたアドレスとクリップボードのアドレスが一致しません(Mismatch between the copied address and the one in the clipboard)」というメッセージが表示された場合は、直ちにそのトランザクションを中止し、PCが感染していると考えて、PCのフルスキャンを実行してください。

clipboard_malware_-_Copy.png

この警告の詳細については、こちらをご覧ください

すでに間違ったアドレスに送金してしまった場合

すでに暗号資産を間違ったアドレスに送付し、ブロックチェーン上でトランザクションが承認された場合、残念ながら、ブロックチェーン転送の不可逆的な性質上、すぐにトランザクションをキャンセルすることはできません。詳細については、 当社にご連絡ください

この記事は役に立ちましたか?