Ledger + MetaMaskの一般的なエラーメッセージ

エラーコード 意味

UNKNOWN_ERROR (0x650f)

このエラーは通常、Ledger デバイスをMetaMaskに接続しようとしたときに発生します。こちらの記事で、0x650fエラーを解決する方法を説明しています

UNKNOWN_ERROR (0x6501)

0x6501エラーは、対応するアプリが起動していないときや、Ledger LiveでMy Ledgerタブを開いているときに発生します。この問題を解決するには、Ledger LiveのポートフォリオタブとデバイスのETHアプリケーションを開き、再試行してください。

UNKNOWN_ERROR (0x6b0c)

0x6b0cエラーは、デバイスがMetaMaskに接続されている一方でロックされている場合に発生します。Ledgerデバイスのロックを解除して、もう一度やり直してください。

UNKNOWN_ERROR [object Object]

このエラーは、トランザクションの送信、NFTのミント(NFTを作成してブロックチェーン上に公開し、購入できるようにする)、資金の移動など、さまざまな操作中に発生する可能性があります。これを解決するには、Ledgerデバイスファームウェア、Ethereumアプリ、およびLedger Liveアプリを最新バージョンにアップデートします。

Invalid data received(無効なデータを受信しました) (0x6a80)

このエラーは通常、Ethereumトランザクションの入力データが十分に埋め込まれていない場合に発生します。Ledgerデバイスのファームウェアを最新バージョンにアップデートし、Ethereumアプリを再インストールしてから、もう一度やり直してください。

 

Ledger + MetaMaskエラーを回避するためのヒント

Ledger + Metamaskの問題を回避するためのヒントをいくつかご紹介します。

  • FirefoxでMetaMaskウォレットを使用することを検討する。Firefoxでは、Ledger Liveブリッジを使用する必要がありません。
  • MetaMaskのAdvanced Settings(詳細設定)で優先するLedger ConnectionタイプとしてWebHIDを選択する
  • MetaMaskウォレットブラウザ最新であることを確認する。
  • Ledger Liveを終了する。(特にLedgerデバイスがMy Ledgerに接続されている場合)、Ledger LiveがMetaMaskと競合する可能性があります。
  • LedgerデバイスでEthereum (ETH) アプリを開いてから、MetaMaskで「Connect Hardware Wallet(ハードウェアウォレットを接続)」ボタンをクリックする。デバイスに「The application is ready(アプリケーションの準備ができました)」と表示されるまで待ちます
  • Ledgerデバイスが最新のファームウェアバージョンを実行していることを確認する
  • Ledgerデバイスが最新バージョンのEthereum (ETH) および/またはPolygonアプリを実行していることを確認する
  • 複数のデバイスをコンピューターに一度に接続すると、競合が発生する可能性があるため、避ける。

この記事は役に立ちましたか?