Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

NFTをTwitterのプロフィール写真として設定する方法

この記事では、Ledgerデバイスを使用してNFTをTwitterプロフィール写真として設定する方法について説明します。

 この記事では、 Twitter Blueの登録が必要です。お住まいの国でTwitter Blueを利用可能であることを、 こちらから確認してください。

事前準備

  • このリンクから、Ledger Live最新バージョンにアップデートする。
  • Ledger Liveの「My Ledger」からデバイスを接続し、Ledgerデバイスが最新のファームウェアバージョンを実行していることを確認する。
  • Ledgerデバイスに最新バージョンのEthereum (ETH) アプリがインストールされていることを確認してください。
  • すべて完了したら、 Ledger Liveを終了する
  • Bluetoothを使用してLedgerデバイスをスマートフォンに接続することを選択した場合、ここで示すように、デバイスがLedger Live Mobileアプリと正しくペアリングされていることを確認する。

手順

  1. Ledgerデバイスの電源を入れる
  2. デバイス上でEthereum (ETH)アプリを開く。
    open_eth_app_new.gif
  3. スマートフォンTwitterアプリを開き、「プロフィール」に移動する。
  4. プロフィールで、「プロフィールの編集」を選択する。
  5. 「プロフィール写真」をタップして、「NFTを選択」する。
  6. 「Connect Wallet」>「Ledger Live」を選択する。
    Ledger Liveアプリが開きます。
  7. NFTを保持するEthereumアカウントを選択します。
    TwitterはWalletConnect経由でLedger Liveに接続しようとします。
  8. 「Connect (接続)」 を選択する。
  9. Ethereumアカウントのアドレスを「認証」して「確定」する。
    アプリから、Ledgerデバイスで メッセージに署名する ように求められます。
  10. 「続行」をクリックする。
  11. デバイス接続方法を選択する。
  12. 「メッセージに署名」を選択し、Ledger デバイスでメッセージに署名する。
    アプリに 「メッセージに署名しました」と表示されます。
  13. プロフィール写真として設定するNFTを選択する
  14. 「Done」をクリックする。
    Android.gif

この記事は役に立ちましたか?