Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

MetaMaskの12単語の秘密のリカバリーフレーズでLedgerデバイスを復元する必要がありますか?

 いいえ。MetaMaskの12単語からなる秘密のリカバリーフレーズをLedgerデバイスで復元(にインポート)するのは安全ではありません

mceclip0.png

ハードウェアウォレットであるLedgerウォレットとは異なり、MetaMaskはソフトウェアウォレットです。ソフトウェアウォレットには複数の欠陥があり、暗号資産の資金を長期保管するのに使用するのは安全ではありません

  • ウォレットは、ほとんどの時間インターネットに接続されています。
  • ウォレットは、コンピューターまたはスマートフォンの画面にリカバリーフレーズを表示します。

スマートフォンやコンピューターに感染するマルウェアは、ソフトウェアウォレットを簡単にスパイして、キーを盗んだりリカバリーフレーズを抽出したりする可能性があります。詳細については、 こちらをご覧ください。

MetaMaskリカバリーフレーズをLedgerデバイスにシードすると、Ledgerウォレットを使用する目的が損なわれます
これは、MetaMaskウォレットによって作成された瞬間から情報漏洩された可能性のあるリカバリーフレーズに、資金のセキュリティが左右されるためです。

ハッカーがあなたのMetaMaskのリカバリーフレーズを入手し、それを何か月も放置してからあなたのLedgerアカウントを一掃する攻撃を開始する可能性があります。

その結果、安全なリカバリーフレーズを作成する唯一の方法は、完全にオフラインで生成することです。これは、初期設定中にLedgerデバイスが行います。Ledgerの24単語のリカバリーフレーズは、デジタルコピーが存在しないため、ハッカーから守られており安全です。そのため、Ledgerデバイスには、 Ledgerデバイスか別の ハードウェアウォレットによって生成されたリカバリーフレーズをシードする必要があります。

Ledgerのリカバリーフレーズと、それらを安全に保つ方法の詳細については、こちらをご覧ください。

MetaMaskアカウントからLedger Liveアカウントに資金を安全に移行する方法

  1. このリンクからLedger Liveをダウンロードする。
  2. このチュートリアルに従って、Ledger LiveとLedgerデバイスを設定する
  3. Ledger LiveでLedger アカウントを作成する。詳しくはこちらを参照してください。
  4. Ledger Liveを使用して、Ledgerアカウントに デポジットアドレスを生成する 。詳しくはこちらを参照してください。
  5. MetaMaskのSend(送付)ボタンを使用して、MetaMaskアカウントからLedgerアカウントに資金を送付します。詳しくはこちらを参照してください。
    send-matic-metamask_ledger.gif

この記事は役に立ちましたか?