MetaMaskからLedger Fantom (FTM)アカウントにアクセスする方法

この記事では、Ledger Ledger Fantom (FTM)アカウントにMetaMaskを通してアクセスする方法を説明します。

事前準備

  • こちらのリンクから必ずLedger Liveの最新バージョンにアップデートする。
  • Ledger Liveの「管理」からデバイスを接続し、Ledgerデバイスが最新のファームウェアバージョンを実行していることを確認する。
  • Ledgerデバイスに最新バージョンのEthereum (ETH) アプリがインストールされていることを確認する。
  • 完了後は、Metamaskと競合する可能性があるため、Ledger Liveは必ず終了してください。

 Ethereum(ETH)アプリではなく、Fantom (FTM)アプリを使用することはできますか?

  • Fantom(FTM)アプリは試験的な機能であり、現在Ledgerチームが確認作業を行っています。
  • アプリの使用は安全ですが、いくつかの小規模なUIバグが発生する可能性があります。
  • 以前、MetamaskがLedger Fantom (FTM)アプリで作成したトランザクションを完了できないという不具合が発生しました。
  • 修正版を公開予定ですが、それまでの間はMetamaskからEthereum(ETH)アプリを使用してください。

MetaMaskからLedger Fantom (FTM)アカウントにアクセスする。

  1. こちらの手順に従い、ブラウザにMetaMask拡張機能ダウンロードしてインストールする。
  2. MetaMaskを開き、この動画の手順に従いMetaMaskアカウントを作成する
     次のステップでは、MetaMaskに2つ目のアカウントであるFantomアカウントを追加します。
  3. 準備ができたら、ブラウザでMetaMaskを開き、三つの点のアイコンをクリックして「Expand View」を選択する。
    MetaMaskがより操作しやすいタブで開きます。
  4. こちらの手順に従って、MetamaskをFantom Operaネットワークに接続する。

    下記のRPCデータを使用して、Fantom OperaをMetamaskに追加:
    ネットワーク名: Fantom Opera 
    新規RPC URL: https://rpc.ftm.tools/
    チェーンID: 250
    通貨記号: FTM
    ブロックエクスプローラーURL: https://ftmscan.com/

    MetaMaskで、ETH残高の代わりにFTM残高が表示されるようになりました。
  5. Ledgerデバイスをコンピューターに接続し、Ledgerデバイス上でEthereumアイコンに移動して両方のボタンを同時に押し、Ethereumアプリを開く
    Ledgerデバイスに「Application is ready」と表示されます。
  6. MetaMask丸いカラーアイコンから、Connect Hardware Wallet > Ledgerの順に選択し、 「Continue」をクリックする。
    しばらくすると、アカウントアドレスの一覧 が表示されます。
  7. ボックスにチェックを入れてアカウントを選択したあと、「Unlock」をクリックする。
    Fantom(FTM)アカウントとFTM残高がMetaMaskに表示されます。
    ftm_ledger_mm_yaya.gif

この記事は役に立ちましたか?