MetaMaskでLedger Binance Smart Chain (BSC) アカウントにアクセスする方法

この記事では、Ledger Binance Smart Chain(BSC)アカウントにMetaMaskを通してアクセスする方法を説明します。

事前準備

  • こちらのリンクから必ずLedger Liveの最新バージョンにアップデートする。
  • Ledger Liveを開き、My LedgerからLedgerデバイスを接続し、デバイスが最新のファームウェアバージョンを実行していることを確認する。
  • Ledgerデバイスに最新バージョンのEthereum (ETH) アプリがインストールされていることを確認してください。
  • 最新バージョンのBinance Smart Chain(BNB)アプリが、Ledgerデバイスにインストールされていることを確認する。
  • 完了後は、Metamaskと競合する可能性があるため、Ledger Liveは必ず終了してください。

MetaMaskからLedger Binance Smart Chainアカウントにアクセスする。

  1. こちらの手順に従い、ブラウザにMetaMask拡張機能ダウンロードしてインストールする。
  2. MetaMaskを開き、通常のMetaMaskアカウントをこちらの動画の手順に従って作成する
     次のステップでは、MetaMaskに2つ目のアカウントとしてLedger Binance Smart Chainアカウントを追加します。
  3. 準備ができたらブラウザでMetaMaskを開き、三つの点のアイコンをクリックして「Expand View(ビューを拡大する)」を選択する。
    MetaMaskがより操作しやすいタブで開きます。
  4. Metamaskを(メインネット) Smart Chainネットワーク以下の手順またはこのチュートリアルに従って接続する。

    MetamaskとSmart Chainの接続には、下記のRPCデータを使用してください。
    ネットワーク名Smart Chain
    新規 RPC URLhttps://bsc-dataseed.binance.org/
    チェーンID56
    通貨記号BNB
    ブロックエクスプローラーURLhttps://bscscan.com

    Metamaskでは、ETHの残高ではなくBNBの残高が表示されます。
  5. Ledgerデバイスをコンピューターに接続し、デバイス上でBinance Smart Chainアイコンに移動して両方のボタンを同時に押しBinance SmartChainアプリを開く。
    Ledgerデバイスに「Application is ready(アプリケーションの準備完了)」と表示されます。
  6. MetaMaskidenticonをクリックし、「Connect Hardware Wallet」 >「Ledger」を選択し、「Continue」をクリックする。
    しばらくすると、アカウントアドレスの一覧が表示されます。
  7. ボックスにチェックを入れてアカウントを選択したあと、「Unlock(ロック解除)」をクリックする。
    Ledger Binance Smart ChainアカウントとBNB残高がMetaMaskに表示されます。

mm_bsc_connect_2022.gif

 BEP20のトークンが表示されません!

  • Ledger Liveではサポートされているトークン残高が自動的にアカウントに表示されますが、Metamasの場合、表示させるにはほとんどのトークンを手動で追加する必要があります。
  • Metamaskにまだ追加されていないトークンの残高は非表示となります。
  • カスタムトークンを追加するには、BscScanを使用して以下の手順に従ってください。

この記事は役に立ちましたか?