Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

PancakeSwapで暗号資産をスワップ

この記事では、PancakeSwapとLedgerデバイスを使用して暗号資産をスワップする方法を説明しています。PancakeSwapの詳細はこちらをご覧ください。

事前準備

  • こちらのリンクから必ずLedger Liveの最新バージョンにアップデートする。
  • Ledger LiveでMy Ledgerを開き、デバイスが最新のファームウェアバージョンを実行していることを確認する。 
  • 最新バージョンの Ethereum (ETH) アプリをLedger デバイスにインストールし、アプリでブラインド署名を有効にする。
  • 最新バージョンのBinance Smart Chain (BNB) アプリをLedgerデバイスにインストールし、アプリでブラインド署名を有効にする
  • Metamask拡張機能をブラウザ (Chromeを強く推奨) にインストールし、通常のMetamaskアカウントを作成する。
  • こちらの説明に従い、LedgerのEthereumアカウントをMetamaskに接続する。
  • Metamaskを (Binance) Smart Chainネットワークに接続するには、次の手順に従ってください。
  • ガス代を支払うために、Ledger Binance Smart Chainアカウントにある程度のBNBコインを保有していることを確認する。

PancakeSwapで暗号資産をスワップする

  1. Ledgerデバイスをコンピューターに差し込み、デバイスでBinance Smart Chainアプリを開く。
  2. ブラウザを開き、Metamaskのロックを解除して、 (Binance) Smart Chainネットワークに接続されていることを確認する
  3. ブラウザでPancakeSwapアプリを開く。
  4. アプリで「ウォレットを接続」>「Metamask」を選択する。
    「MetamaMaskで接続」の画面がブラウザに表示されます。
  5. Ledger Binance Smart Chain account> Next > Connectを選択する。
    MetamaskがPancakeSwapに接続され、Ledgerのアカウントアドレスがアプリに表示されます。
  6. アプリ内で 「Trade」- >「Swap」セクションに移動し、ドロップダウンメニューを使用してスワップしたいコインやトークンを選択する。
    一部のトークンはデフォルトのリストに載っていない場合があります。その場合は、「Import」ボタンをクリックしてPancakeSwapに手動でインポートしてください。
    初めてコインやトークンをスワップする場合は、PancakeSwapを有効にし、Ledgerデバイス上でトランザクションに署名してコイン/トークンを管理する必要があります。
  7. スワップの準備ができたら「スワップ」をクリックし、手数料を確認して、「スワップを確定」をクリックする。
    Metamaskポップアップが開き、トランザクションが表示されます。
  8. 「確定」
    をクリックする。Ledgerデバイスにトランザクションの確認が表示されます。スワップを処理するには、デバイスで承認する必要があります。
  9. Ledgerデバイスでトランザクションデータをスクロールし、「Accept and send」画面まで移動する。
  10. Ledgerデバイスで両方のボタンを同時に押すと、トランザクションを承認できます。
    トランザクションがブロードキャストされます。完了です。
    Metamaskで残高を確認したい場合は、「トークンを追加」をクリックすると、Metamaskにトークンを追加できます。トランザクションがBinance Smart Chainネットワークで処理されると同時に、トークンがアカウントに表示されます。

swap_pancakeswap.gif

この記事は役に立ちましたか?