Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

cBridgeでBinance Smart Chain (BNB) から別のネットワークへ暗号資産を転送

この記事では、cBridgeを使用してBinance Smart Chain (BNB) と以下のネットワーク間で暗号資産を転送する方法を説明しています。cBridgeについての詳細はこちらでご確認いただけます。

事前準備

  • こちらのリンクから必ずLedger Liveの最新バージョンにアップデートする。
  • Ledger LiveでMy Ledgerを開き、デバイスが最新のファームウェアバージョンを実行していることを確認する。 
  • 最新バージョンの Ethereum (ETH) アプリをLedgerデバイスにインストールする。
  • Metamask拡張機能をブラウザ (Chrome推奨) にインストールし、通常のMetamaskアカウントを作成する。
  • こちらの説明に従い、LedgerのEthereumアカウントをMetamaskに接続する。
  • Metamaskを (Binance) Smart Chainネットワークに接続するには、次の手順に従ってください。

cBridgeでネットワーク間の資産をブリッジする

  1. ブラウザを開き、Metamaskのロックを解除してLedgerのアカウント を選択する。
  2. ブラウザでcBridgeアプリを開く。
  3. ウォレットを接続を選択し、その後Metamaskを選択する。
    MetamaskがcBridgeに接続され、Ledgerのアカウントアドレスがアプリに表示されます。
  4. 「Send(送付)」メニューに移動し、送信する資産を選択する。
  5. FromToメニューを使用し、送付元送付先のネットワークを選択する。
    例:ETHをBinance Smart Chain (BNB) アカウントからPolygon (MATIC) アカウントにブリッジするには、(送信) ETH、(From) BNB、(To) Polygonを選択します。
  6.  こちらの手順に従い、Ledgerデバイス Ethereum (ETH) アプリを開き、 Settings に移動して  ブラインド署名を有効化してください 
    ブラインド署名が有効になったら、 LedgerのデバイスでETHアプリを開いたままにしておいてください。
  7. cBridgeに戻り、転送したいコインまたはトークンの数を選択し、手数料を確認したあとに「Approve cBridge to use your [ETH]」をクリックする。
    Metamaskがブラウザで表示されます。
  8. cBridgeで資産を移すのが初めての場合は、移す方の残高にアクセスする許可をアプリに与える必要があります。Metamaskで「Confirm」をクリックして、Ledgerデバイスでトランザクションを確認した後、デバイスで「Accept and send」を確定する。
    cBridgeに残高にアクセスし、転送を処理する許可が与えられました。
  9. cBridgeアプリで手数料アイコンにマウスを置いて手数料を確認し、 「Transfer」をクリックして、最後にもう一度トランザクション内容を確認した上で「Confirm transfer」をクリックする。
    Metamaskがブラウザで表示されます。
  10. Metamaskでトランザクションを確認し、「Confirm」をクリックする。
    Ledgerデバイスにトランザクションの確認が表示され、デバイスが承認を待機します。
  11. Ledgerデバイスでトランザクションを確認して「Accept and send」画面にスクロールし、両方のボタンを押して確定する。
    トランザクションの領収書がアプリ内に表示されます。領収書には、送信先のアカウントへの資金の到着予定時刻が記載されています。
  12. 「Done」をクリックする。
    「Pending」アイコンをクリックするとトランザクションを追跡できます。

cBridge_tutorial.gif

この記事は役に立ちましたか?