Ledger LiveにMATIC (Polygon) が表示されない

この記事では、Ledger LiveでMATIC (Polygon) が正しく表示されない最も一般的な状況について解説しています。

取引所からMATIC (Polygon) を引き出したのに受け取れない
ERC20の引き出し BEP20の引き出し

一部の状況では、引き出しのネットワークが間違っているため、LedgerのPolygonアカウントに引き出したMATICが表示されない場合があります。Coinbaseなど一部の取引所では、資産引き出しのためのPolygonネットワークをサポートしていません。その結果、すべての引き出しがEthereumネットワークにデフォルトで送られることになります。

MATICが「間違った」ネットワーク経由で送られた場合でも、この資産は複数の異なるブロックチェーン (ETH、MATIC、BSC) 上に存在しているため、Ledger LiveのEthereumアカウントからMATIC (ERC 20) トークンにアクセスできるはずです。

Ethereumアカウントを追加するには、「アカウントを追加」の記事に記載されている手順に従ってください。手順が完了すると、ETHアカウントにMATICが表示されます。

MATIC_ERC.png

MATIC (ERC20) トークンをLedgerのPolygonアカウントに正しく送付するには、Polygonネットワークの引き出しに対応している取引所にMATIC (ERC20) を送付してください。これを行うには、次の手順に従ってください。

  1. Ledger Liveの「アカウント」タブで、MATIC (ERC20) が保管されているEthereumアカウントをクリックする。
    アカウントの詳細情報が開きます。
  2. 画面右上の「管理」ボタンをクリックし、「送付」を選択する。
    送付画面が開きます。
  3. 「引き落としアカウント」フィールドで、MATIC (ERC20) トークンを選択する。
  4. 「送付先アドレス」フィールドに、取引所のデポジットアドレスを貼り付けて「続行」をクリックする。
    MATICを取引所に送付する際には、必ずデポジット用にERC20ネットワークを選択してください

    DEPOSIT_MATIC_ERC.png

  5. 送付するトークンの数量と、ネットワーク手数料を選択する
    送付にかかるネットワーク手数料の支払いに十分なETHがあることを確認してください。
    「続行」をクリックする
  6. トランザクションの詳細を確認して「続行」をクリックする。
  7. Ledgerデバイスを接続してロック解除を行う。
  8. Ethereum (ETH)アプリを開く。
  9. デバイスの左右ボタンを押してすべてのトランザクションの詳細を表示し、内容を慎重に確認する。
  10. 間違いがなければ、両方のボタンを押してトランザクションを承諾して送付する
    その後、トランザクションが署名されて、承認のためにネットワークに送信されます。

    しばらくすると、取引所の残高にMATIC (ERC20) が表示されます。

取引所でMATIC (ERC20) を受け取ったら、引き出しに進む。

  1. 取引所の引き出しセクションに移動する。
  2. MATIC (Polygon) を選び、引き出しにはMATIC (Polygon) ネットワークを選択します
  3. Ledger LiveのPolygon受取アドレスを挿入し、引き出しを確定する。
    受取アドレスの取得方法については、こちらの記事を参照してください。

    withdraw.png

取引所が引き出しを確認すると、Ledger LiveのアカウントにMATICが表示されます。

MetaMaskのPolygonアカウントをLedger Liveに追加後に、0と表示されている

MetaMaskとLedgerのEthereumアプリまたはPolygonアプリを使用して作成したPolygon (MATIC) アカウントが、Ledger Liveに表示されない場合があります。

何が起こったのか?

LedgerのPolygonアカウントをMetaMaskに追加する際、以下のようなアカウント一覧から選択するよう求められたはずです。

このリストの各アカウントには、数字の1から始まるインデックス番号が割り当てられていました。

一番上のアカウント (インデックス番号1) をメインのPolygonアカウントとして選択しなかった場合、そのアカウントはLedger Liveで非表示になる可能性があります。

なぜ?

Metamaskとは異なり、Ledger Liveはアカウントをインデックス番号1から常に順番に検出します。詳しくはこちらを参照してください。

未使用のアカウントが検出されると、Ledger Liveは追加のアカウントの検出を停止し、未使用のアカウントを表示します。

その結果、未使用のアカウントの後にインデックスされたアカウントは、Ledger Liveに表示されません。

Ledger Liveで非表示のアカウントを復元する方法は?

非表示のPolygonアカウントのインデックス番号より小さいインデックス番号を持つ、すべてのアカウントにごく少量のMATICを送付することで解決できます。

下の例では、非表示のPolygonアカウントが赤で強調表示されています。このアカウントをLedger Liveで表示するには、青で強調表示されているアカウントにMATICを送付する必要があります。

1da771b3-b9e5-41bc-94d1-e97976738576_-_Copy.png

全手順は以下のとおりです。

  1. Ledgerデバイスをコンピューターに接続する。
  2. デバイスでPolygon (MATIC) アプリを開く。
  3. MetaMaskを開き、こちらの手順に従ってMetaMaskをPolygonネットワークを接続する。

  4. こちらの手順に従って、LedgerデバイスをMetaMaskに接続する。
    LedgerのPolygonアカウントのリストが表示されます。

  5. リストの一番上の (空の) アカウントを選択して、ロックを解除する。
  6. そのアカウントに少量のMATICを送付する。
  7. この処理を、探しているPolygonアカウントよりも小さいインデックス番号を持つ、すべてのアカウントに対して繰り返す
  8. 完了したら、MetaMaskを閉じてLedger Liveを開く。
  9. こちらの記事で説明されているように、「アカウント」タブに移動して「+アカウントを追加」を選択し、「Polygon (MATIC) 」アカウントを選択する。
    MATICの残高を含むすべてのPolygonアカウントが表示されます。
  10. Ledger Liveに追加するアカウントを選択し、「続行」をクリックしてアカウントの追加を確定する。

どのくらいの数量のMATICを送ればいいのでしょうか?

  • 送付可能な最小数量のMATICをお勧めします。
  • トランザクションの回数は1回で十分です。

この記事は役に立ちましたか?