Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

BEP20トークンの管理

すべてのBEP20トークンをLedgerデバイスで管理可能です。また、Ledger Liveでは数多くのBEP20トークンに対応しています。サポートされているトークンについては、対応している暗号資産一覧を参照してください。Ledger Liveで対応していないトークンは、サードパーティウォレットのMetaMaskとLedgerデバイスから管理できます。

事前準備

BEP20トークンの表示

  Ledger Live Desktop(デスクトップ)  Ledger Live Mobile(モバイル)

BEP20トークンを含むBinance Smart Chainアカウントをすでにお持ちの場合は、Ledger Liveでそれらのトークンを表示することができます。

  • アカウントページから、該当するBinance Smart Chainアカウントの「トークンを表示」をクリックする。
  • 残高ゼロのトークンアカウントは、「設定」 > 「アカウント」 > 「トークンを非表示」から非表示に設定することができます。

BSC_BEP20_ACCOUNTS.png

トークンを送る/受け取る

BEP20トークンの送付および受け取りができるようになりました。まずは、任意のBinance Smart ChainアカウントにBEP20トークンを送ってみましょう。トークンのアカウントは、Binance Smart Chainブロックチェーンでトークンのトランザクションが承認された後にのみ表示されます。トークンの送り先のBinance Smart Chainアカウントは、トークンのアカウントの親アカウントになります。

Binance (バイナンス) からBinance Smart Chainアカウント (Ledger) へ暗号資産を引き出す方法

  1. Binance取引所のアカウントの「Withdaw Crypto」セクションで、引き出したいコインを選択する。
  2. アドレスフィールドにLedger BSCアドレスを貼り付け、「BEP20(BSC)ネットワーク」が選択されていることを確認して引き出しを完了する。

BEP20とBEP2のどちらを選ぶべき?

  • BEP20ネットワークとBEP2ネットワークには、いくつかの違いがあります。
  • BEP2ネットワークはBinance Chainを指し、Binance Smart Chain (BSC) とは異なるネットワークです。これらのネットワークの違い関する記事はこちら
  • BinanceからLedger BSCアドレスに資産を引き出すときは、必ずBEP20ネットワークを選択してください。

トークンのトランザクション手数料

BEP20トークンの送付には、ガスとしてバーンするBNBが必要です。Binance Smart Chainの親アカウントが、トークンのトランザクションのネットワーク手数料用のBNBを保有していることを確認してください。 

Ledger LiveアプリはすべてのBEP20をサポートしていますか?

ほとんどの暗号資産をBEP20トークンとしてLedger BSCアカウントに引き出すことが可能です。一方、現在Ledger Liveアプリが対応しているのは、既存の全BEP20トークンのサブセットのみです

Ledger Live上においては、BEP20トークンは以下の3つのタイプに分けられます。

  • 完全に対応しているBEP20トークンは、Ledger Liveに表示され、残高数量 (残高のトークン数) と残高価値 (残高の評価額) が法定通貨 (米ドル、ユーロ、中国元など) で表示されます。
  • 一部対応しているBEP20トークンでは、残高数量は表示されますが、残高価値は表示されません。
  • 対応していないBEP20トークンはLedger Liveに一切表示されません。これらのトークンはポートフォリオ総額には反映されず、Ledger Liveのトランザクション履歴にも追加されません。

サポートされていないBEP20トークンをLedger BSCアドレスに送ってしまいました。

  • トークンが失われることはありませんので、ご安心ください。
  • Ledger BSCアドレスをBscscanに貼り付けてから、「Token」フィールドの横にあるドロップダウンメニューを確認すると、当該トークンが表示されているはずです。
  • サポートされていないBEP20の残高にアクセスするには、LedgerデバイスとサードパーティアプリのMetamaskを使用する必要があります。
  • 詳しいチュートリアルは、こちら

この記事は役に立ちましたか?