追加したい暗号資産がアカウントリストに載っていない

Ledger Liveに追加したい暗号資産のアカウントが見つかりませんか?この記事では、このような問題が発生する理由と、その資産をLedgerデバイスで管理するために何をすべきかを説明します。 

Ledger LiveでSolanaやCardanoなど、その他の資産のアカウントを追加する際に混乱してしまう場合があります。Ledgerデバイスに資産のアプリをインストールしていても、Ledger Liveにアカウントを追加しようとすると、アカウントのリストにその資産が表示されないからです。

add_account.png

これは、以下のような理由で起こっている可能性があります。 

コインがLedger Liveでサポートされていない

主な理由の1つとして、追加しようとしている資産がLedger Liveでサポートされていないことが挙げられます。現在、ほとんどのアプリはコミュニティ開発によって提供されています。

代わりに、サードパーティウォレットのアプリを使用することが可能です。任意の暗号資産の管理に使用できるウォレットアプリは、こちらのページで確認できます。こちらのページには、ウォレットアプリへの正しいリンクと、Ledger Liveでサポートされている暗号資産の一覧が記載されています。

サードパーティウォレットについてもっと詳しく知りたい場合は、こちらのLedger Academyの記事を参照してください。

以下の表は、最もよくリクエストされる資産と、それらをLedgerデバイスで管理するために使用できるサードパーティウォレットの一覧です。

資産 サードパーティウォレット
Cardano Yoroi, Adalite
Solana SolFlare
Matic MetaMask(メタマスク )
トークンがLedger Liveでまだサポートされていない

また、Ledger LiveでERC20、BEP20、またはTRC10/20トークンを追加しようとした場合も、アカウントのリストに資産が表示されない同様の問題が発生することがあります。 

現時点では、Ledger Live (=単なる視覚的なインターフェイス) は、一部対応していないトークンがあります。未対応のトークンは、アカウントのリストに追加することができません。新しいトークンが、Ledger Liveのリリースごとに順次追加されています。Ledger Live でサポートされていないトークンがある場合、Ledger Live の最新バージョンを実行しているかどうかを確認し、必要に応じてソフトウェアをアップデートしてください。

それでもトークンを利用できない場合は、トークンの詳細をこちらに送信してください。Ledgerのコイン統合チームがトークンを確認し、今後リリースされるLedger Liveのサポートトークンのリストに追加します。

トークンを追加できない場合でも、Ledgerデバイスで管理する手段があります。 

サポートされていない全トークンは、さまざまなサードパーティウォレットとLedgerデバイスを使って管理することが可能です。
  • ERC-20 / BEP-20トークンの場合は、MetaMaskMEW、およびRabbyウォレットを使用できます。
  • TRC-10/20トークンの場合は、Tronscanウォレットを使用することができます。

サードパーティウォレットを使用しても、それは各ウォレットのインターフェイスを利用しているに過ぎません。お客様の秘密鍵は、Ledgerデバイスで保護されています。

この記事は役に立ちましたか?