Ledger Liveで送信したトランザクションが停止した場合

この記事では、Ledger Liveの「送信」トランザクションが停止し、送信プロセスのステップ4で中断される問題と解決方法について説明します。

エラーの内容とは?

Ledger Liveのアカウントから送信されたトランザクションを完了できないエラーです。トランザクションはステップ4 (デバイス) でフリーズして、Ledger Liveのローディングアイコンが回転したままの状態となります。

send_stuck.gif

このエラーは通常、Bitcoin (BTC) 、Litecoin (LTC) 、Zcash (ZEC) 、Digibyte (DGB) などのUTXOベースの暗号資産に影響します

このエラーの前に、送信プロセスのステップ3 (概要) 「このトランザクションは検証に時間がかかりすぎる可能性があります」という警告が表示される場合があります

_step_3.png

なぜこのようなエラーが発生するのでしょうか?

このエラーは、使用しようとしているLedgerアカウントに含まれるコインのフラグメント (未使用のトランザクション出力:Unspent Transaction Output/UTXO) が多すぎるために発生します。

UTXOはトランザクションによって作成されます。Bitcoin/Litecoin/Zcashアカウントへのデポジットのトランザクションごとに、UTXOが新たに1個作成され、そのアカウントにロックされます。なお、デポジットの数量は作成されるUTXOの数に影響しません。アカウントにデポジットのトランザクションを1回実行するたびに、必ずUTXOが1個作成されます。

しかし、時間が経つと1つのLedgerアカウントに非常に多くのUTXOが蓄積される場合があります。

LedgerアカウントがロックできるUTXOの数に制限はないため、通常はこれは問題にはなりませんただし、極端なケースでは、アカウントにロックされているUTXOの数があまりに多すぎて、Ledgerデバイスがトランザクションの組み立てに必要なすべてのUTXOを読み取れなくなる場合があります。その結果、Ledger Liveのトランザクションが停止してしまいます。

この問題は通常、マイニング報酬を頻繁にLedgerアカウントで直接受け取る、暗号資産のマイナー (採掘者) に影響します。マイニングでは非常に多くのUTXOが作成される傾向があるため、前述の問題が発生しやすくなる可能性があります。これこそが、Ledgerアカウントが直接的なマイニング報酬の受け取りに適さない理由です。詳しくはこちらを参照してください。

この問題を解決する方法とは?

  • 送るコインの数量を減らしてください。デバイスが簡単に管理しやすいように、小さなトランザクションに分割することをお勧めします。
  • Ledger Liveのコインコントロール機能を使用してください。コインコントロールを使用すると、トランザクションに含める特定のUTXOを選択できるため、より柔軟な操作が可能です。コインコントロールの詳しい使用方法については、こちらでご確認いただけます
     同様に、1~2個のUTXOを含む小さなものにトランザクションを分割してください。
  • 暗号資産のマイニングを行っている場合は、こちらの記事で紹介しているその他の役立つヒントをご参照ください。
  • お困りですか?当社にご連絡いただければ、喜んでお手伝いします。

この記事は役に立ちましたか?