Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

デバイスがBooting(ブート)またはBootloader(ブートローダー)モードで停止する

この記事では、Ledger デバイスが「Booting」または「Bootloader」モードに入り、停止する場合のトラブル解決方法について説明します。

Ledger Nano Xデバイスが「Booting OO%」モードで停止する場合

Ledger Nano Xデバイスは、USB ポートで異常なアクティビティが検出された場合に「Booting」モード(例:Booting 10%)に入る可能性があります。

Ledgerハードウェアウォレットには、ハードウェアおよびソフトウェアの攻撃から保護するための高度なセキュリティ機能が装備されています。この保護措置は、Ledger Nano Xモデルでは有効化できますが、Nano SおよびNano S Plusでは有効化できません。

以下の手順でBooting OO%を解決:

  1. Ledger デバイスを、ウォールチャージャーまたは任意のコンピュータに接続する。
  2. 起動時のパーセンテージ 100%になるまで待つ。これには数時間かかることもあります。
    デバイスの起動準備が完了すると、リセットされます。
  • まだセットアップしていない場合は、Nano S / Nano S Plus / Nano Xの手順に従ってセットアップを完了してください。
  • すでにデバイスをセットアップが完了済みでリセットされてしまった場合は、以下の手順に従ってリカバリーフレーズからデバイスを復元し、すべてのアプリを インストール して、デバイスに戻してください。

デバイスが「Bootloaderモード」で停止した場合

ファームウェアのアップデート中に、Ledger デバイスがBootloaderで止まってしまう場合は、以下の手順に従ってください。 

Ledger Nano SとNano S Plus Ledger Nano X

Ledger Nano SまたはNano S Plusがファームウェアのアップデート中に「Bootloader」モードで停止した場合:

  1. Ledger Liveを開く。
    Windowsの場合:Ledger Liveを右クリックし、管理者として実行する。
  2. Ledgerのデバイスを接続する。
  3. Ledger Liveデスクトップアプリの「My Ledger」 タブに移動し「続行」をクリックする。

  4. ローダーが100%で、デバイスがBootloaderで止まっている場合 
    Windows/Linux: CTRL + Rを押してLedger Liveを再起動し、その後もう一度修復ツールを起動してください。 
    MacOS: ⌘ + Rを押してLedger Liveを再起動し、その後もう一度修復ツールを起動してください。

この記事は役に立ちましたか?