Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

デバイスがBootingモードになる

LedgerのデバイスがUSBポートで予期せぬ動作を検出すると、「Booting(起動)」モードになります。これは、Ledgerのハードウェアウォレットに、ハードウェアおよびソフトウェアの攻撃から保護するセキュリティ機能が組み込まれているためです。
この現象は、Ledger Nano SとNano Xの両方で起こる可能性があります。

解決策

「Booting x%」というエラーが発生した場合は、以下の手順に従ってください。

  1. Ledger デバイスを、ウォールチャージャーまたは任意のコンピュータに接続する。
  2. 起動時のパーセンテージ 100%になるまで待つ。これには数時間かかることもあります。
    デバイスの起動準備が完了すると、リセットされます。
  • まだセットアップしていない場合は、Nano S / Nano S Plus / Nano Xの手順に従ってセットアップを完了してください。
  • すでにデバイスをセットアップが完了済みでリセットされてしまった場合は、以下の手順に従ってリカバリーフレーズからデバイスを復元し、すべてのアプリを インストール して、デバイスに戻してください。

解決していませんか?

解決方法を試してもデバイスがまだBootingモードになっている場合は、Ledgerサポートにご連絡ください。その際は、すでに試したすべての手順を明確に説明してください。

この記事は役に立ちましたか?