Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

トランザクション失敗 - ガス不足

「ガス不足」エラーは、提供されたガスがEthereum (ETH)、Arbitrum (ARB)、Polygon (MATIC)、Base、Binance Smart Chain (BNB) 、Optimism (OP Mainnet)などの選択されたEVMネットワーク上でトランザクションを処理するのに不十分な場合に発生します。この問題は、ERC20/BEP20トークンまたはNFTトランザクション中によく発生します。

イーサリアムやその他のEVMチェーンのガス、ガスリミット、料金体系をより深く理解するには、こちらを参照してください。

 「ガス不足」の問題を防ぐためにLedgerは何をしているのか?

  • Ledger Liveは、ETHおよびERC20トランザクションの最適な手数料を自動的に計算します。
  • ただし、イーサリアム上のトランザクションは、ネットワークの混雑により失敗する可能性があります。さらに、一部のスマートコントラクト、特にERC20トークン転送を伴うスマートコントラクトでは、より多くのガスが必要となり、ガスリミットが低すぎるとトランザクションの失敗につながる可能性があります。
  • これは、Ledger LiveでカスタムEthereumトランザクションを使用することで、防ぐことができます。カスタムトランザクションの作成方法についてはこちら

「ガス切れ」の問題を識別するには?

ERC20またはNFTトランザクションが失敗した場合、Ledger Liveは操作履歴に「失敗」ステータスが表示されます

1.PNG

さらに詳しい調査:

  1. Ledger Liveで失敗したトランザクションをクリックして展開します。
  2. エクスプローラーで表示」を選択すると、Etherscan.ioまたはトランザクションに対応するブロックチェーンエクスプローラーにリダイレクトされます。

    1.PNG
  3. ブロックエクスプローラーで、次のエラーメッセージを探します。「Warning! Error encountered during contract execution [Out of gas].」これは、「ガス不足」の問題がトランザクションの失敗につながったかどうかを判断するのに役立ちます。

    1.PNG

  4. ガス不足によりトランザクションが失敗した場合は、Ledger Live アカウントに十分な手数料支払い通貨 (ETH、BNB、MATIC など) があることを確認してください。次に、処理を高速化するためにより高いガス代オプションを選択するか、ガス代が下がるのを待って、Ledger Liveでトランザクションを再送信してみてください。

    現在のガス代を確認する場合は、etherscan.io/gastrackerで利用可能なEtherscan の「Gas Tracker」などのツールを使用してガス料金を監視できます。


 

この記事は役に立ちましたか?