Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

VETとVeChainトークンをLedgerで保管・管理

この記事では、Ledger VeChainアカウントを作成し、VETとVeChainトークンを管理するために、LedgerデバイスでSync2ウェブウォレットを使用する方法を説明します。

事前準備

  • Ledger LiveとLedgerデバイスが最新のアプリとソフトウェアを実行していることを確認するために、Ledgerセットアップの完全なアップデートを実行してください。詳細はこちら
  • 最新バージョンのVeChain (VET)アプリをLedgerデバイスにインストールする。

    mceclip0.png

LedgerとSync2を接続

  1. https://lite.sync.vecha.in/#/に移動。Get Startedをクリックし、Passwordを選んだらNextをクリックする。

    mceclip2.png

  2. パスワードを確認する。

    mceclip3.png

  3. Sync2がウォレットを生成したら、Finishをクリックする。
     このウォレットは、Ledgerと連動していない、独立したSyncウォレットです。

    mceclip4.png

  4. このウォレットは今後使用しないため、バックアップ操作を無視し、Dismissをクリックする。

    mceclip6.png

  5. ハンバーガーのアイコンをクリックし、(+)ボタンをクリック。

    mceclip7.png

  6. LedgerでVeChainアプリを開く。
    デバイスに、Application is readyと表示される。

    mceclip8.png

  7. Link Nowをクリックし、Ledgerデバイスを選び、Connectに進む。

    mceclip9.png

  8. Linkをクリック。

    mceclip10.png

  9. Ledgerウォレットをメニューから選ぶ。

    mceclip11.png

  10. Ledgerウォレットと判別できるようにウォレットの名前を変更し、OKをクリックする。

    mceclip12.png

  11. 画面中央のカードをクリック。

    mceclip13.png
    Ledger VeChainアカウントが表示される。
  12. QRコードアイコンをクリックし、アカウントのアドレスを確認。そのアドレスを使用して、VETとVeChainトークンをLedgerアカウントへ送付する。

    mceclip0.png

VeChainトークンを管理

  1. (+)ボタンをクリックし、Assets(資産)メニューを開く。

    mceclip14.png

  2. ウォレットに表示するトークンを切り替えてから、<をクリックしてダッシュボードに戻る。

    mceclip2.png

    ダッシュボードにトークンが表示されたら、完了です!

    mceclip3.png

 事前準備

  • 上記の手順は、VETおよびVeChainトークンを Ledger ウォレットに転送するための推奨される方法を解説。
  • VeChain資産を Ledger Ethereum (ETH) アカウントに送信しないでください。
  • さらに、暗号資産取引所からVeChainを引き出すときは、VET/VeChainネットワークを選択する必要があります。

この記事は役に立ちましたか?