Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

Ledgerデバイスにアクセスできない場合

Ledgerデバイスにアクセスできず、24単語のリカバリーフレーズがまだ残っている場合 (紛失、盗難、配布されていない)、暗号資産は安全に保たれているので安心してください。このような場合、24単語のリカバリーフレーズをサポートするハードウェアまたはソフトウェアウォレットのリカバリーフレーズを使用して資金を復元できます。

続行する前に、この復元方法に関連する特徴とリスクを理解することが重要です。

USBの接続問題

リカバリーフレーズを使用して復元を試みる前に、USB接続の問題を必ず除外してください。Ledgerデバイスがコンピュータに正しく接続されていること、および信頼性の高いUSBケーブルを使用していることを確認してください。場合によっては、ケーブル不良やコンピューター上の干渉によって問題が発生することがあります。ガイドに概説されている手順に従って、USB接続の問題解決を試すことができます。 Ledger LiveでUSB接続の問題を解決する。

ソフトウェアウォレットでリカバリーフレーズを使用する

「ソフトウェアウォレットでリカバリーフレーズをどのように使用できるの?」と疑問に思われるかもしれません。これは私のLedgerリカバリーフレーズですか?その答えは、リカバリーフレーズが基本的にBIP-39規格に従って汎用的なものであるという事実にあります。この規格は、ハードウェアとソフトウェアを含むさまざまなウォレット間での互換性を保証します。本質的に、リカバリーフレーズは、Ledgerデバイス上のドアだけでなく、さまざまなドアを開ける鍵のようなものです。

リカバリーフレーズを使用してオンラインウォレットを復元するリスク

オンライン環境によるリカバリーフレーズを使用したウォレット復元には、一定のリスクが伴います。Ledgerリカバリーフレーズはオフラインのままであり、マルウェアやハッキングなどの潜在的な脅威から遠ざけられるため、非常に安全です。ただし、リカバリーフレーズをオンラインウォレットに入力すると、それがデジタル世界に公開されることになります。これにより、リカバリーフレーズが潜在的なセキュリティ侵害に対して脆弱になります。

ウォレットをオンラインで復元する場合は、関連するリスクを理解し、必要な予防措置を講じることが重要です。信頼できる安全なソフトウェアウォレットを使用していることを常に確認し、オンラインプラットフォームでリカバリーフレーズを入力する際には、十分に注意してください。

リカバリーフレーズの変更と新しいアカウントの作成

資金にすぐにアクセスする必要がある状況に陥った場合は、資産を保護するための措置を講じることが不可欠です。1つの選択肢は、資金を一時的な外部アカウントに転送し、デバイスをリセットし、24単語のシークレットリカバリーフレーズを使用して新しいウォレットを作成することです。そして、その資金をLedger Liveの新しいアカウントに送ります。これは、リカバリーフレーズを変更して新しいアカウントを作成する方法の手順に従って行うことができます。

既存のシークレットリカバリーフレーズを使用した復元

アカウントの復元を考えているものの、Ledgerデバイスで問題が発生していますか?該当する場合は、リカバリーフレーズを使用して新しいLedger Nanoデバイスをセットアップすることで、アクセスを復元可能です。資金の管理を取り戻す間も、リカバリーフレーズの安全性が保たれます。

リカバリーフレーズの取り扱いには細心の注意を払い、絶対に必要な状況下でのみ使用してください。暗号資産のセキュリティは、最優先事項です。新しいLedgerデバイスがすぐに必要な場合は、お近くのBest BuyまたはBoulangerからの購入を検討してください。

  1. 既存のシークレットリカバリーフレーズを使用してLedgerアカウントを復元
  2. リカバリーシートはいつでも確認できる状態にしておいてください。
    新しいリカバリーシートは、こちらからダウンロードできます。

この記事は役に立ちましたか?