Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

誤ってEthereum Classic (ETC) をEthereum (ETH) アカウントに送付した場合

この記事では、Ethereum Classic (ETC) コインを誤ってLedger Ethereum (ETH) アカウントに送付してしまった場合のコインへのアクセス方法について説明します

重要なお知らせ

  • このチュートリアルは、復元目的のみで使用してください。ETCを保管する際に推奨されている方法は、こちらをご覧ください。
  • このチュートリアルでは、Ethereumアプリの特別バージョンであるEth recoveryアプリと呼ばれるものを使用しており、これはLedger Liveの「My Ledger」からLedgerデバイスにインストールすることが可能です。

事前準備

  • Ledgerデバイスに最新バージョンのEth recoveryアプリがインストールされていることを確認する。
  • アプリがデバイスにインストールされたら、必ずLedger Liveを閉じる
  • Firefoxブラウザがコンピューターにインストールされていることを確認する。

MyEtherWalletからETHアカウントにアクセスする

  1. Ledgerデバイスを接続し、デバイスでEth recoveryアプリを開く。
  2. Firefoxを起動し、MyEtherWalletウェブアプリにアクセスする。
  3. アプリで「Access my Wallet」をクリックし、「Hardware Wallet」を選択し、「Ledger」をクリックする。

  4. 次の画面でEthereumアプリを選択し、Ethereum - Ledger Liveのパスを選択し、Unlock Walletをクリックする。

    「Select Address and Network(「アドレスとネットワークを選択)」画面が表示され、アカウントのリストが表示され始めます。

  5. 「Address」セクションのすぐ下に「Network」セクションがありますので、それを開いて「Ethereum Classic」ネットワークを選択します。
  6. 「Address」セクションに戻る。

    新しいアカウントのリストが表示され始めるはずです。

  7. ETCが送付されたアドレスを探し、それを選択し、「Accept the Terms(規約に同意)」して、「Access my Wallet(ウォレットにアクセス)」をクリックする。

    ETCアカウントが表示されます。

ETCコインを、Ledger Liveが提供するLedger Ethereum Classic (ETC) アカウントに送り返すことができるようになりました。

この記事は役に立ちましたか?