Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

誤ってEthereum Classic (ETC) をEthereum (ETH) アカウントに送付した場合

この記事では、Ethereum Classic (ETC) コイン誤ってLedger Ethereum (ETH) アカウントに送付してしまった場合のコインへのアクセス方法についてご説明します。

重要なお知らせ

  • このチュートリアルは、復元目的のみで使用してください。Ledger Ethereum (ETH) アカウントにETHコインを保管する際に推奨されている方法は、こちらをご覧ください。
  • このチュートリアルでは、Ethereumアプリの特別バージョンであるEth recoveryアプリと呼ばれるものを使用しており、これはLedger Liveの「My Ledger」からLedgerデバイスにインストールできます。Eth recoveryアプリをダウンロードするには、Ledger Liveの試験的設定でデベロッパー(開発者)モードを有効にする必要があります。以下で有効にする方法をご確認ください

事前準備

  • Brave、Google Chrome、またはFirefoxブラウザを使用する。
  • Ledger Liveを開き、Ethereum Classic (ETH) アカウントを作成する。
  • Eth recoveryアプリの設定でブラインド署名が有効になっていることを確認する。詳細はこちら
  • Ledger LiveでEthereum Classic (ETC) アカウントを使用して、Ethereum Classic (ETC) 入金アドレスを作成します。

    RECOVER_ETC0.png

Eth recoveryアプリをLedgerデバイスにインストールする。

  1. Ledger Liveを開き、「設定」「試験的機能」に移動し、「デベロッパーモード」を有効にする。
    devmode_ll.gif
  2. 「My Ledger」に移動し、Eth recoveryアプリをインストールする。
  3. Ledger Liveを閉じる
  4. LedgerデバイスでEth recoveryアプリに移動し、両ボタンを同時に押して開く。
    Ledgerデバイスに「This is a recovery tool(これは復元ツールです)」と表示されます。

Taho経由でEthereum Classic (ETC) アカウントにアクセスする

  1. ブラウザでMetamask拡張機能がアクティブになっている場合は、まずブラウザの拡張機能マネージャーを使用して一時的に無効にしてください。



  2. 次に、Taho拡張機能をブラウザにインストールします。
  3. Tahoを開き「既存のウォレットを使用」を選択し、「Ledgerに接続」を選択します。
  4. ボタンを使用してLedgerデバイス上でEth recoveryアプリが開いていることを確認し、Tahoで「Continue(続行)」をクリック。
  5. リストで、Ethereum Classicネットワーク上でEthereum Classic (ETC)コインを受け取るために誤って使用したEthereumアドレスを選択する。
  6. このアカウントをTahoに追加した後、ネットワークメニューを開き、+ネットワークの追加ChainListでチェーンを追加の順に選択します。Chainlistにリダイレクトされます。
  7. Chainlistを使用してTahoをEthereum Classicネットワークに接続し、Tahoに戻ります。
  8. 不足しているETC残高がTahoに表示されるようになります。TahoとLedgerデバイスを使用して、Ledger LiveのEthereum Classic (ETC) アカウントによって生成されたアドレスにETCを転送します。

    トランザクションがEthereum Classicネットワークで確認されると、ETCコインがLedger Live Ethereum Classicアカウントに反映されます。
     将来的には、常にETCコインをLedger LiveのEthereum Classic (ETC) アカウントに直接送信することを忘れないでください。

この記事は役に立ちましたか?