Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

ERC20トークンの管理

Ledgerデバイスで、すべてのERC20トークンを管理することができます。また、Ledger Liveでは数多くのERC20トークンがサポートされています。サポートされているトークンについては、対応している暗号資産一覧を参照してください。Ledger Liveでサポートされていないトークンは、MEWMyCryptoなどの外部ウォレットで管理できます。

事前準備

  • Ledger Liveのバージョンが最新であることを確認する。
  • Ledgerハードウェアウォレットを入手する。
  • デバイスに、Ethereumアプリの最新バージョンをインストールする。
  Ledger Live Desktop(デスクトップ)  Ledger Live Mobile(モバイル)

動画による説明

Ethereumアカウントを追加する

  1. 左のパネルでアカウントをクリックする。
  2. アカウントを追加 ボタンをクリックします。
  3. 入力するか、ドロップダウンリストをクリックして、Ethereum(ETH)を選択する。「続行」をクリックする。
  4. デバイスを接続してロックを解除し、Ethereumアプリを開く。「続行」をクリックする。Ledger Liveがブロックチェーンで既存のアカウントを探します。完了した順に、1つずつ表示されます。
  5. アカウント の手順では、さまざまなセクションが表示されます。
    • 既存のアカウントを選択セクションには、すでにブロックチェーン取引を行っているアカウントが表示されます。追加するアカウントにチェックマークを入れ、名前を選びます。
    • 新しいアカウントを追加セクションでは、チェックマークを付けることで新しいアカウントを追加できます。この操作は、まだトランザクションを受け取っていない最新のEthereumアカウンには実行できません。
    • アカウント が既にポートフォリオにある セクションでは、すでにPortfolioに登録されていて、追加できないアカウントの一覧が表示されます。
  6. 「続行」をクリックする。Ethereumアカウントがポートフォリオに追加されます。
  7. 「さらに追加」をクリックして、アカウントの追加を続けます。そうでない場合は、アカウントの追加ウィンドウを閉じます。

ERC20トークンの表示

ERC20トークンを含むEthereumアカウントをすでにお持ちの場合は、Ledger Liveでそれらのトークンを表示することができます。

  • アカウントページから、該当するEthereumアカウントの「トークンを表示」をクリックする。
  • 残高ゼロのトークンアカウントは、「設定」 > 「アカウント」 > 「トークンを非表示」から非表示に設定することができます。

mceclip0.png

トークンを送る/受け取る

ERC20トークンを送付、受け取りができるようになりました。まずは、お好きなEthereumアカウントにERC20トークンを送ってみましょう。トークンのアカウントは、Ethereumブロックチェーンでトークンのトランザクションが承認された後にのみ表示されます。トークンの送り先のEthereumアカウントは、トークンのアカウントの親アカウントになります。

取引所からERC20トークンを送る

取引所からERC20トークンを送る際には、必ずERC20ネットワークを選択してください。ERC20以外のネットワークタイプは、Ledger Liveではサポートされていません。別のネットワークタイプを使用してERC20トークンを送ると、トークンはLedger Liveに表示されず、トークンが失われてしまう恐れがあります。

トークンのトランザクション手数料

ERC20トークンの送付には、ガスとしてバーンするETHが必要です。Ethereumの親アカウントが、トークンのトランザクションのネットワーク手数料用のETHを保有していることを確認してください。 

Polygonネットワーク上でERC20トークンを管理する

Ledger Liveバージョン2.36のリリースにより、Ledger LiveでPolygon (MATIC) ネットワークの利用が可能になりました。Ledger LiveのPolygonアカウントで、ERC20トークンを受け取ることできます。詳細はこちら

未対応のトークンについて

サポートされているトークンについては、対応している暗号資産一覧を参照してください。Ledger Liveでサポートされていないトークンは、MEWMyCryptoなどの外部ウォレットで管理できます。

この記事は役に立ちましたか?