リカバリーフレーズでLedgerアカウントを復元する


この記事では、24単語のリカバリーフレーズを使用してLedgerアカウントを復元する方法について説明します。

必要なもの

  • Ledgerデバイス
  • リカバリーフレーズを取得して復元する。BIP39/BIP44のリカバリーフレーズに対応
  • Windows 8.1、macOS 10.14(64ビット)、Linux Ubuntu 16.10(64ビット)以上を搭載したコンピューターまたはAndroid 8.1、i0S 13以上を搭載したスマートフォンが必要です。
  • ダウンロード とインストール済みのLedger Live

動画による解説

Ledger Nano X Ledger Nano S

手順

Ledger Liveのセットアップ手順に沿って進めてください。アプリを開いて、すぐに始めることができます。

ステップ 1. リカバリーフレーズからの復元
Ledger Nano X Ledger Nano S Ledger Nano S Plus
  1. Ledgerロゴが表示されるまでUSBポート横のボタンを押し続け、デバイスの電源がオンする。
    注意: ボタンを長く押し続けると、Bootloaderメニューが表示される場合があります。その場合は、デバイスの電源をオフにして、再起動してください。
  2. 画面の説明を読む。右ボタンを押して先に進み、左ボタンを押して戻る。
  3. リカバリーフレーズを復元 が表示されたら、両方を同時に押します。
ステップ 2. PINコードを設定
  1. 「Choose PIN with 4 to 8 digits」とデバイスに表示されたら、両方のボタンを押す。
  2. 右または左ボタンを押して、PINコードの1桁目を選ぶ。
  3. 数字を確定するには、両方のボタンを同時に押す。
  4. 4~8桁の数字を入力するまで、この作業を繰り返す。
  5.  checkmark-icon.png を選択し、4~8桁のPINコードを入力する。訂正するにはバックスペースでbackspace-icon.png数字を消す。
  6. もう一度PINコードを入力して確定する。

  セキュリティに関するポイント

  • PINコードは必ず自分で選んでください。このコードで、デバイスのロックを解除できます。
  • セキュリティを強化するために、8桁の数字を設定しましょう。
  • PINコードやリカバリーフレーズがすでに設定されたデバイスは、絶対に使用しないでください。
  • 疑わしい場合は、Ledgerサポートにお問い合わせください。
ステップ 3. リカバリーフレーズの入力
  1. リカバリーフレーズの長さを選択する(12、18、24単語)。両方のボタンを同時に押して確定する。
    正しいリカバリーフレーズの長さが選択されていることを確認する。リカバリーフレーズは、必ずすべての単語を入力してください。
  2. Word #1(1つ目の単語)の最初の文字を、右ボタンまたは左ボタンで選択して入力する。両方のボタンを同時に押して文字を確定する。
  3. 単語リストの中からWord #1を選ぶ。両方のボタンを同時に押して、単語を確定する。
  4. この作業をリカバリーフレーズの最後の単語まで繰り返す。
    セットアッププロセスが正常に完了すると、「Your device is ready」と表示される。
  5. 両方のボタンを3秒間長押しして「Control Center」を開く。

  セキュリティに関するポイント

  • 他の人にお客様のリカバリーフレーズを使ってアクセスされてしまうと、資産を盗まれる可能性があります。安全に保管してください。
  • Ledgerは、24単語のバックアップを保管しません。ご自身が唯一の所有者であることを忘れないでください。
  • リカバリーフレーズやPINコードが既に設定されているデバイスは絶対に使用しないでください。
  • 疑わしい場合は、Ledgerサポートにお問い合わせください。
リカバリーフレーズが無効ですか?
  • 正しいリカバリーフレーズの長さが選択されていることを確認する。リカバリーフレーズは、必ずすべての単語を入力してください。
  • デバイスに入力された単語の順番が、リカバリーシートの順番と一致していることを確認します。
  • リカバリーフレーズのすべての単語が BIP39 の単語リスト にあることを確認します。

 注意点

Ledgerデバイスを使用していないときは、必ずロックをかけて、他の人がお客様のデバイスを使用できないようにしてください。

次のステップ

リカバリーフレーズにリンクされた秘密鍵をデバイスに復元しました。

この記事は役に立ちましたか?