Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

LedgerをMetaMaskに接続する

この記事では、Ledgerデバイスをデスクトップまたはコンピューター上のMetamask(メタマスク)に接続する方法について説明します。

 Ledger Nano Xデバイスをモバイルデバイス (AndroidまたはiOS) 上のMetaMaskに接続する場合は、 このガイドを参照してください。

MetaMask USB接続の問題

  • 私たちは、デスクトップ上のFireFox上のLedgerデバイスをMetaMask(メタマスク)に接続する際に継続的な問題が発生していることを認識しています。
    • Firefoxユーザー:Firefox 114はU2F互換性を破壊しましたーつまり、Ledgerまたはその他のハードウェアウォレットをMetaMaskに接続する機能が破壊されました。U2FまたはWebHID接続方式タイプをサポートする他のブラウザをご使用ください(例:Chrome、Brave)。
    • インシデントのステータスと特定された回避策の追跡はこちら:
      2023年4月のMetaMask USB接続の問題
  • 最新情報については、X(旧Twitter)で@Ledger_Supportをフォローしてください。

事前準備

  • このリンクから、Ledger Liveを最新バージョンにアップデートする。
  • LedgerデバイスをLedger Liveに接続し、最新のファームウェアバージョンを実行していることを確認する。
  • Ledgerデバイスに最新バージョンのEthereum (ETH) アプリがインストールされていることを確認する。

これらの手順の完了後は、MetaMaskと競合する可能性があるため、必ずLedger Liveを終了してください。

動画による説明



Ledger Ethereum (ETH) アカウントをMetaMaskに接続する

 Ledgerデバイスを使用して既存のMetamaskアカウントを保護できますか?

Ledgerデバイスでは、既存のMetaMaskアカウントを保護することはできません。現在、MetaMaskアカウントにある資金を保護したい場合は、Ledger Liveを通じて新しいLedgerアカウントを作成するか、既存のLedgerアカウントをMetaMaskに接続する必要があります。その後、ブロックチェーン上の通常のトランザクションを介して、MetaMaskアカウントからLedgerアカウントに資金を転送できます。

  1. https://metamask.io/download/に移動し、ブラウザに「MetaMaskをインストール(Install MetaMask)」をクリックする。

    mceclip0.png

  2. 次に、ブラウザにMetaMask拡張機能を追加する。

    mceclip1.png

  3. 拡張機能をブラウザに固定(ピン留め)し、「Create a new wallet(新しいウォレットの作成)」を選択する。

    mceclip2.png


     重要なお知らせ

    LedgerデバイスでのMetaMaskの使用に関する重要な注意事項をお伝えします。

    • 「Import an existing wallet(既存のウォレットをインポートする)」オプションを使用して、Ledgerの24単語のリカバリーフレーズをMetaMaskにインポートしないでください。そうしてしまうと、Ledgerデバイスがホットウォレットになり、資産のセキュリティが損なわれてしまいます。
    • また、MetaMaskが提供する秘密のリカバリーフレーズをLedgerデバイスにインポートしないでください。MetaMaskフレーズはオンラインで生成され、コールドストレージ目的では安全ではありません。
  4. 規約に同意し、パスワードを選択して、「Create a new wallet(新しいウォレットを作成する)」を選択する。

    mceclip3.png

  5. Ledgerウォレットを使用しているため、MetaMaskウォレットを保護する必要はありません。「Remind me later(後で通知する)」を選択し、「Skip」を選択する。

    mceclip5.png

  6. 「Got it!(了解!)」を選択する

    mceclip6.png

  7. 早速Ledgerを接続しましょう。Ledgerデバイスをコンピューターに接続して、Ethereumアイコンに移動して、両方のボタンを同時に押し、Ethereum(ETH)アプリを開く
    Ledgerデバイスに「Application is ready(アプリケーションの準備ができました)」と表示されます。



  8. アカウント設定を開き、ハードウェアウォレットを選択する。



  9. Ledger選択し、「Continue(続行)」をクリックする。



    しばらくすると、アカウントアドレスの一覧が表示されます。これらは、お客様のLedgerアカウントです。
  10. ボックスにチェックを入れてアカウントを選択したあと、「Unlock(ロック解除)」をクリックする。



     どのアカウントのロックを解除すべき?

    • Ledger Liveで作成した最初のEthereum (ETH) アカウント(Ethereum 1)がリストの一番上に表示されます (インデックス1)。
    • 複数のボックスにチェックを入れて「Unlock(ロック解除)」を選択すると、同時に複数のEthereumアカウントを作成できます。これは、Ethereum資産を分離したい場合に便利です。詳細はこちら

      mceclip11.png
    これで完了です。MetamaskにLedgerデバイスのEthereumアカウントとETH残高が表示されます。Metamaskに接続されている全てのLedgerアカウントは、LEDGERタグが表示されます。

 

よくわからないのですが、私のLedgerアカウントは現在「Metamask」にあるのでしょうか?

いいえ。LedgerのEthereumアカウントがMetaMaskに表示されていても、アカウントと紐付く秘密鍵(リカバリーフレーズ)は、Ledgerデバイスで安全に保管されています。MetaMaskは、お客様の秘密鍵へ一切アクセスすることができません。Ledger Liveと同様にMetaMaskも、Ledgerデバイスのビジュアルインターフェイスとして機能します。

次のステップ

Metamaskを他のネットワークに接続する
こちらの手順に従って、PolygonやBinance Smart Chain、Arbitrum、Optimismなどの他のネットワークへ簡単にアクセスすることができます。
私のトークンはどこに存在するの?
Metamaskは、自動的にアカウント内のトークンを検出しません。MetaMaskへ新しくトークンを追加する方法:
  1. 正しいネットワークへMetaMaskが接続されていることを確認。詳細はこちら
  2. 必要に応じて、チェーンリストを確認してください。
  3. こちらの手順に沿って、MetaMaskへトークンを追加することができます。

この記事は役に立ちましたか?