Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

Ethereum ERC20トークンの入金が届かない場合

Ledgerデバイスに送ったEthereum(ETH)またはERC20トークンがLedger Liveに表示されない場合は、以下の手順に従って問題を解決してください。

 Ledger Liveに、取引所からLedgerアカウントへの出金/送金が表示されません

ETH/ERC20トークンの出金または取引所からLedgerアカウントへの送金がLedger Liveに表示されない場合は、次のことを確認してください。

  • 資産を受け取るために正しいネットワークを使用したことを確認CoinbaseからLedgerアカウントで資産を受け取るとき、引き出し用のネットワークの選択が与えられる場合があります。 Ledger Live でアカウント上の資産を確認できるように、正しいネットワークを選択することが重要です。間違ったネットワークを選択した場合、それが原因で Ledger Live で資産を表示できない可能性があります。もっと詳しく知る
  • 取引タイプを確認する: Coinbase、Binance、Kraken などの取引所は、ネットワーク手数料を削減するためにイーサリアム (ETH) の出金をバッチ処理することがよくあります。これらのバッチ処理されたトランザクションはスマートコントラクトによって処理され、イーサリアムブロックチェーン上の内部トランザクションとして記録されます。 Ledger Liveアプリの古いバージョンでは、これらのバッチ処理されたトランザクションが表示されないことを知っておくことが重要です。

    この問題を解決するには、必ず通知バナーを介して、またはledger.com/ledger-liveから直接Ledger Liveアプリを最新バージョンに更新してから、アプリ内のキャッシュをクリアしてください。これらのトランザクションの詳細については、etherscan.ioのEtherscanでイーサリアムアカウントの「内部トランザクション」セクションを確認することもできます。


送ったERC20トークンがサポートされているかを確認する 

ERC20トークンは、Ethereumブロックチェーン上で発行されているトークンです。Ledgerデバイスは、ほとんどのEthereum ERC20トークンを保護できますが、Ledger LiveアプリがすべてのERC20トークンに対応しているわけではありません。対応していないERC20トークンを入金した場合は、Ledger Liveに表示されず、Ledger Liveの「最近の取引」セクションにもトランザクション履歴は作成されません

トークンがサポートされているかどうかを確認するには、コンピューターまたはスマホに最新のLedger Liveがインストールされていることを確認してください。

  1. Ledger Liveを開く。
  2. 「アカウント」セクションに移動する。
  3. 「アカウントを追加」をクリックする。
  4. 「暗号資産を選択(Choose a crypto asset)」フィールドに、お持ちのERC20トークンの名前かティッカー、またはその両方を入力する。例えば、Tether USD (USDT)
  5. Ledger Liveでサポートされているさまざまなネットワークとともに、ドロップダウンにトークンが表示されます。 
    • Ethereum - ERC20トークン。
    • Binance Smart Chain- BEP20トークン。
    • Tron - TRC20トークン。
    • Polygon - ERC20トークン(Polygonネットワーク上)。
    • Algorand - Algoトークン。
    • Elrond - Elrondトークン。
    • Stellar - Stellarネットワークトークン
  6. トークン名にEthereumラベルが付いている場合は、ERC20トークンがLedger Liveで対応していることを意味します。

Screenshot_2022-11-21_at_10.21.03.png

送ったERCトークンがリストにある場合送ったERCトークンがリストにない場合
これは、Ledger Liveがそのトークンに対応していることを意味します。対応しているトークンであれば、Ledger LiveのETH残高に表示されます。Ledger Liveがトークンに対応しているにもかかわらず、アプリに表示されない場合は、他の原因が考えられます。その場合は、サポートまでお問い合わせください。お問い合わせの際には問題の詳しい説明をお知らせいただき、可能であれば、表示されないデポジットのトランザクションIDも併記していただくようお願いします。

Ledger Liveで対応していないトークンの管理

まずはLedger LiveでZerionを試す
Zerionは、Ethereum (ETH)、Polygon (MATIC)、Arbitrum (ARB)、Optimism (OP Mainnet)、Base、Binance Smart Chain (BNB) など多数のネットワークを含むEVM (Ethereum Virtual Machine) アカウントを管理するために設計された多用途のポートフォリオマネージャーです。EVM中心のアプローチにより、Zerionは通常、Ledger Liveと比較して幅広いERC20およびBEP20トークンを表示します。Ledger Liveのアプリ一覧セクションからZerionにアクセスできます。Zerion にアクセスしたら、適切なブロックチェーン ネットワークを選択し、「Tokens」セクションに移動して、Ledger アカウントに保持されているトークンを表示します。
Zerionにトークンが表示されない?Metamaskを試す
こちらに記載されている手順に従って、LedgerデバイスをMetamaskに接続します。正しく接続することで、Ledgerでトークンを安全に保ちながら、MetaMaskでトークンを管理できます。MetaMaskは、アカウント内のトークンをすべて自動的に検出するわけではありません。MetaMaskへ新しくトークンを追加する方法:
  1. 正しいネットワークへMetaMaskが接続されていることを確認。詳細はこちら
  2. 必要に応じて、チェーンリストを確認してください。
  3. こちらの手順に沿って、MetaMaskへトークンを追加することができます。

Ledger LiveにERC20トークンの追加をリクエストする

当社のサポートチームにご連絡ください。 

最初のメッセージで、Ledger Liveで表示したい資産をお伝えください。また、次のような役立つ情報もご提供ください。 

Ledgerは毎月トークンのリストを確認します。署名されている場合、新しいトークンはLedger Liveのアップデート後に利用可能になります。Ledgerは、トークンのリスト追加を決定する権利を留保します。

この記事は役に立ちましたか?