Ethereum ERC20トークンの入金が届かない場合

Ledgerデバイスに送ったEthereum(ETH)またはERC20トークンがLedger Liveに表示されない場合は、以下の手順に従って問題を解決してください。

送ったERC20トークンがサポートされているかを確認する 

ERC20トークンは、Ethereumブロックチェーン上で発行されているトークンです。Ledgerデバイスは、ほとんどのEthereum ERC20トークンを保護できますが、Ledger LiveアプリがすべてのERC20トークンに対応しているわけではありません。対応していないERC20トークンを入金した場合は、Ledger Liveに表示されず、Ledger Liveの「最近の取引」セクションにもトランザクション履歴は作成されません

  1. CoinMarketCapにアクセスし、検索バーに当該トークンのティッカーを入力する。
  2. トークンページの「Contracts」にあるアイコンをクリックし、アドレスをコピーする。
  3. LedgerのGithubページにあるSupported Crypto Assetsページにアクセスし、Ctrl+F(Windows)またはCommand-F (macOS)を押して検索バーを開く。
  4. CoinMarketCapで取得したContractsアドレスを、検索バーに貼り付けてEnterを押す。

supported_token.gif

送ったERCトークンがリストにある場合送ったERCトークンがリストにない場合
これは、Ledger Liveがそのトークンに対応していることを意味します。対応しているトークンであれば、Ledger LiveのETH残高に表示されます。Ledger Liveがトークンに対応しているにもかかわらず、アプリに表示されない場合は、他の原因が考えられます。その場合は、サポートまでお問い合わせください。お問い合わせの際には問題の詳しい説明をお知らせいただき、可能であれば、表示されないデポジットのトランザクションIDも併記していただくようお願いします。

サポートされていないERC20トークンにアクセスするには?

Ledger Liveで対応していないトークンにアクセスするには、Ledgerデバイスと、外部ウォレットのMyEtherWallet(MEW)を組み合わせて使用する必要があります。MEWは、Ethereum専用に設計されたウォレットであり、Ledger Liveよりさらに広範なERC20トークンに対応しています。LedgerデバイスをMEWに接続する方法は、こちらでご確認いただけます。

希望のトークンがMEWのデフォルトのリストにない場合は、以下の手順に従ってカスタムトークンとして追加できます。カスタムトークンの追加が完了すると、デポジットがインターフェイス内に表示されるはずです。

Ledger LiveにERC20トークンの追加をリクエストする

Ledger LiveへのERC20トークンの追加リクエストは、簡単な手順で完了します。

  1. 送信フォーム開くScreenshot_2022-06-29_at_13.45.12.png
  2. 「Start」クリックし、フォームに入力する。
    • 追加するプロジェクト/トークンの名前を指定する。
    • 「Add a new ERC20 token (新しいERC20トークンの追加) 」選択するScreenshot_2022-06-29_at_14.03.26.png
  3. 「Submit (送信) 」をクリックする

Ledgerは毎月トークンのリストを確認します。署名されている場合、新しいトークンはLedger Liveのアップデート後に利用可能になります。Ledgerは、トークンのリスト追加を決定する権利を留保します。

 

この記事は役に立ちましたか?