Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

MetaMaskの接続問題を解決する

LedgerとMetaMaskの接続問題

  • モバイルユーザーの場合、Ledgerデバイスをモバイルデバイス上のMetaMaskに接続する場合は、このガイドをご覧ください。この機能は、Bluetoothを使用してiPhoneまたはAndroidの接続は、Nano Xデバイスでのみ利用できることに注意してください。(現時点ではUSB接続はサポートされていません)次に、必ずiPhoneのMetamaskアプリv7.17.0 以降更新します。これには、AppStoreを介した手動アップデートが必要になる場合があります。
  • デスクトップユーザーの場合、LedgerデバイスをFirefox上のMetaMaskに接続する際に継続的な問題が発生していることを認識しています。
  • Firefoxユーザー:Firefox 114はU2F互換性を破壊しましたーつまり、Ledgerまたはその他のハードウェアウォレットをMetaMaskに接続する機能が破壊されました。U2FまたはWebHID接続方式タイプをサポートする他のブラウザをご使用ください(例:Chrome、Brave)。
  • Chrome ユーザー: 最新バージョンを使用していることを確認してくださいMetaMas および Chromeがブラウザにインストールされています。 MetaMaskの新しいバージョンでは、Chromeのデフォルトの接続方法としてWebHIDが自動的に使用されるようになり、古いバージョンで利用できた「優先接続タイプ」オプション機能はサポートされなくなりました。
    追加の場合は、次の図に示すように、Chrome設定で HID デバイスを有効にしてください。
    URL: chrome://settings/content/hidDevices
    Image_4-26-23_at_11.23_AM.jpeg

    問題が解決しない場合は、TahoまたはRabbyを代わりに使用します。TahoとRabbyはFirefoxをサポートしていないため、Chromeブラウザを使用する必要があることに注意してください。


この記事では、LedgerデバイスをMetamaskに接続する際に役立つヒントをご紹介します。

注意:モバイルのMetaMaskはまだ利用できません。MetaMaskを使用するには、デスクトップを使用する必要があります。

MetaMaskの接続に関する問題の多くは、以下の手順に従うことで解決することができます。

 各項目をよく確認した後、LedgerデバイスをMetaMaskに再度接続してください。

  • ブラウザでMetaMaskとChromeの両方の最新バージョンを使用していることを確認してください。MetaMaskの最近の更新により、Chromeのデフォルトの接続方法としてWebHIDが導入され、古いバージョンにあった「Preferred Connection Type」オプションが置き換えられました。
  • ウェブブラウザを完全に閉じてから再度開く。これにより、すべてのキャッシュがクリアされ、ブロックチェーンとの再同期が強制されます。
  • ブラウザを切り替えると、問題が解決する場合があります。FireFoxはLedgerデバイスのMetaMask接続をサポートしていないため、ChromeまたはBraveを使用することをお勧めします。
  • Metamaskがバージョン10.5.2以上にアップデートされていることを確認する。MetaMaskのバージョンを確認する方法はこちらをご覧ください。
     Chromeユーザーは拡張機能の管理デベロッパーモード > 更新を選択すると、手動でアップデートを実行できます
    mm_update.gif
  • Ledgerデバイスに、最新バージョンのファームウェアがインストールされていることを確認する。詳細は こちら (Nano Sユーザー)、または こちら (Nano Xユーザー) をご覧ください。
  • お使いのLedgerデバイスで、 Ethereumアプリの最新バージョンが稼働していることを確認してください 。詳細は こちら
  • Ledger Liveが終了していることを確認してください。終了していない場合、ご使用のLedgerデバイスがMetamaskに接続できない可能性があります。
  • MetaMaskで「Connect Hardware Wallet > Ledger > Continue」のシーケンスを開始するに、LedgerデバイスでEthereum (ETH)アプリを開く。
     これはPolygonBinance Smart Chainなど他のEVM互換ブロックチェーンアプリも該当します。
    open_eth_app_new.gif
  • LedgerデバイスのEthereumアプリ設定ブラインド署名が有効であることを確認してください。詳細はこちら
  • Metamaksがタブで開かれていることを確認するには、3つのドットアイコンをクリックし、「Expand View」を選択する。
  • それでも問題が解決しない場合は、Settings(設定)>Advanced (アドバンス)>Reset Account (アカウントをリセット)の手順でMetaMaskアカウントをリセットしてください。アカウントがリセットされたらブラウザを再起動して、LedgerデバイスをMetaMaskに再度接続してください。
     MetaMaskアカウントのリセットは安全ですが、MetaMaskのアクティビティタブトランザクション履歴が消去されます
  • ハードウェアの接続の流れ」をもう一度実行してください。動作する場合は問題ありませんが、そうでない場合はエラーメッセージを保存し、必要に応じてサポートに提供してください。

  • まだ接続に問題があり、MetaMaskにいくらかEthereumをお持ちですか?少しEthereumの基本的な「送付」を試してみて、何が起こるか見てみましょう。うまくいかない場合、これはMetaMaskの問題であることがわかります。うまくいった場合、問題を引き起こしているのは別の何かである可能性があります。 

この記事は役に立ちましたか?