Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

MetaMaskの接続問題を解決する

LedgerとMetaMaskの接続問題

  • LedgerデバイスをMetaMaskに接続する際の問題を認識しています。両チームとも修正に取り組んでいます。
  • Firefoxユーザー:Firefox 114はU2F互換性を破壊しましたーつまり、Ledgerまたはその他のハードウェアウォレットをMetaMaskに接続する機能が破壊されました。U2FまたはWebHID接続方式タイプをサポートする他のブラウザをご使用ください(例:Chrome、Brave)。
  • Chromeユーザー: 最新バージョンのMetaMaskと Chromeがブラウザにインストールされていることを確認してください。MetaMaskの新しいバージョンでは、Chromeのデフォルトの接続方法として WebHIDが自動的に使用されるようになり、古いバージョンで利用できた「Preferred Connection Type」オプション機能はサポートされなくなりました。
    さらに、下の図に示すように、Chrome設定で HID デバイスを有効にしてください。
    URL: chrome://settings/content/hidDevices
    Image_4-26-23_at_11.23_AM.jpeg


    問題が解決しない場合は、代わりにTahoまたはRabbyを使用することを検討してください。TahoとRabbyはFirefoxをサポートしていないため、Chromeブラウザを使用する必要があることに注意してください。


この記事では、LedgerデバイスをMetamaskに接続する際に役立つヒントをご紹介します。

注意:モバイルのMetaMaskはまだ利用できません。MetaMaskを使用するには、デスクトップを使用する必要があります。

MetaMaskの接続に関する問題の多くは、以下の手順に従うことで解決することができます。

 各項目をよく確認した後、LedgerデバイスをMetaMaskに再度接続してください。

  • ブラウザでMetaMaskとChromeの両方の最新バージョンを使用していることを確認してください。MetaMaskの最近の更新により、Chromeのデフォルトの接続方法としてWebHIDが導入され、古いバージョンにあった「Preferred Connection Type」オプションが置き換えられました。
  • ウェブブラウザを完全に閉じてから再度開く。これにより、すべてのキャッシュがクリアされ、ブロックチェーンとの再同期が強制されます。
  • ブラウザを切り替えると、問題が解決する場合があります。FireFoxはLedgerデバイスのMetaMask接続をサポートしていないため、ChromeまたはBraveを使用することをお勧めします。
  • Metamaskがバージョン10.5.2以上にアップデートされていることを確認する。MetaMaskのバージョンを確認する方法はこちらをご覧ください。
     Chromeユーザーは拡張機能の管理デベロッパーモード > 更新を選択すると、手動でアップデートを実行できます
    mm_update.gif
  • Ledgerデバイスに、最新バージョンのファームウェアがインストールされていることを確認する。詳細は こちら (Nano Sユーザー)、または こちら (Nano Xユーザー) をご覧ください。
  • お使いのLedgerデバイスで、 Ethereumアプリの最新バージョンが稼働していることを確認してください 。詳細は こちら
  • Ledger Liveが終了していることを確認してください。終了していない場合、ご使用のLedgerデバイスがMetamaskに接続できない可能性があります。
  • MetaMaskで「Connect Hardware Wallet > Ledger > Continue」のシーケンスを開始するに、LedgerデバイスでEthereum (ETH)アプリを開く。
     これはPolygonBinance Smart Chainなど他のEVM互換ブロックチェーンアプリも該当します。
    open_eth_app_new.gif
  • LedgerデバイスのEthereumアプリ設定ブラインド署名が有効であることを確認してください。詳細はこちら
  • Metamaksがタブで開かれていることを確認するには、3つのドットアイコンをクリックし、「Expand View」を選択する。
  • それでも問題が解決しない場合は、Settings(設定)>Advanced (アドバンス)>Reset Account (アカウントをリセット)の手順でMetaMaskアカウントをリセットしてください。アカウントがリセットされたらブラウザを再起動して、LedgerデバイスをMetaMaskに再度接続してください。
     MetaMaskアカウントのリセットは安全ですが、MetaMaskのアクティビティタブトランザクション履歴が消去されます
  • 「ハードウェアの接続の流れ」をもう一度実行してみてください。動作する場合は問題ありませんが、そうでない場合はエラーメッセージを保存し、必要に応じてサポートに提供してください。

  • まだ接続に問題があり、MetaMaskにいくらかEthereumをお持ちですか?少しEthereumの基本的な「送付」を試してみて、何が起こるか見てみましょう。うまくいかない場合、これはMetaMaskの問題であることがわかります。うまくいった場合、問題を引き起こしているのは別の何かである可能性があります。 

この記事は役に立ちましたか?