Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

マイニング報酬を受け取る

大量の取引をLedgerハードウェアウォレットに送信すると、問題が発生する場合があります。マイニングの小口取引を多く受け取っている方は、この記事をよくお読みください。

  これらの指示に従わない場合、Ledgerデバイスでお客様の資金にアクセスできなくなる可能性があります。

多くの取引を受信する問題 

ハードウェアウォレットで管理しているアドレスに、大量の小額決済を受け取りまたはダストペイメントを実行した場合、次の問題の原因となります。

  • お客様のブロックチェーン取引の同期化が飽和する、および
  • トランザクションの構築や検証期間が極端に長くなる。

そのため、Ledgerのハードウェアウォレットは、Bitcoin、Litecoin、Bitcoin CashなどのUTXOモデルを使用するコインのマイニング報酬の直接的な受け取りには適していません。

0.001BTCの支払いを1,000回受け取り、合計1BTCを使えるか考えてみてください。ハードウェアウォレットのセキュアチップは、1,000回の入力からの取引を構築し、すべての入力に署名しなければなりません。この作業には数時間かかることもあれば、チップが過熱したり、計算エラーが発生したりして、まったく成功しないこともあります。

大量の取引を受け取った場合

ハードウェアウォレットですでに大量の取引を受け取っている場合、Ledger Liveが以下のような状態を示すことがあります。

  • 「アカウントを追加」  ウィンドウでアプリのロード中が続き、アカウントを追加できない。
  • 影響を受けたアカウントが完全に同期されない。
  • 合計引落額の計算に時間がかかったり、 Ledgerデバイスに取引が表示されないため、トランザクションの認証や署名ができず、送付することができない。

該当するアカウントのコインを統合する

  • 自分への支払いを少し多め設定し、コインをまとめてください。例えば、0.001BTCを1,000回受け取った場合、まとめて0.1BTCで10回を自分に送ることで、回数を減らすことができます。
  • あるいは、24単語のリカバリーフレーズをソフトウェアウォレット(自己責任)、できればオフラインのウォレットにインポートし、新たに作成されたシードから得られるアドレスに対し、アカウント残高を空にします。

取引のバッチ処理による防止

  • すべてのマイニングの報酬を受け取るソフトウェアウォレットを設定します。
  • 定期的にこれらの報酬に大きな取引にまとめて、Ledgerハードウェアウォレットに送信します。

この記事は役に立ちましたか?