Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

WalletConnectを使ってLedger LiveをDAppsに接続する

WalletConnectは、モバイルウォレットを分散型アプリケーション(DApps)に安全に接続するためのオープンソースプロトコルです。Wallet Connectを使用すると、デスクトップおよびモバイルデバイスからLedger LiveをさまざまなDAppsに、リンクできます。WalletConnectでサポートされている分散型アプリケーションの全一覧は、こちらのページご確認いただけます。Wallet ConnectのLedger Liveへの統合の詳細については、こちらのブログ投稿を参照してください。

Ledger LiveではWalletConnectに加え、増え続ける多彩なDAppsに「Discover」から直接アクセスすることができます。今後もdAppsを追加していきますので、Ledger Liveの Discoverを定期的にチェックしてください。

ウォレット接続アップデート - 2023年3月5日 - v2をリリース!

最新バージョン(v2)では、複数のアカウントを同時に接続できるようになりました。これは、アカウントを切り替える必要がなくなったことを意味し、時間を節約し、エクスペリエンスを合理化につながります。

二つ目に、v2では複数の分散型アプリケーション (dapps) へ同時に接続することが可能です。この新機能により、柔軟性と利便性が向上し、他のアプリから切断することなく、さまざまなDAppsにアクセスできるようになります。

最後に、v1で発生した接続の問題が解決されたことを報告させていただきます。私たちのチームは、WalletConnectを使用する際に発生する問題削減に懸命に取り組んできました。その結果、アカウントとdappsへの接続をよりスムーズでシームレスに楽しむことができます。

 WalletConnect 接続が機能するには、Ledgerを接続するサービスまたはサードパーティアプリがWalletConnect v2に対応している必要があることに注意してください。そうでない場合は、WalletConnectを使用できず、Ledgerデバイスに接続されたMetaMaskなどの代替接続方法を検討する必要があります。

事前準備

  • 通知バナーからLedger Liveをアップデートするか、最新バージョンをダウンロードしてください。
  • Ledgerデバイスのファームウェアバージョンが最新であることを確認する。Ledger Nano S / Nano S Plus / Nano X
  • Ethereum/PolygonまたはBinance Smart Chainアカウントに、ある程度の資金があることを確認する。 

 対応済みネットワーク

  • Ledger LiveのWallet Connect機能は、現在、Ethereum、Polygon、Binance Smart Chainアカウントでご利用いただけます。

Ledger LiveをDAppsに接続する

 重要なお知らせ

WalletConnect接続が機能するには、Ledgerを接続するサービスまたはサードパーティアプリがWalletConnect v2に対応している必要があることに注意してください。そうでない場合は、WalletConnectを使用できず、Ledgerデバイスに接続されたMetaMaskなどの代替接続方法を検討する必要があります。

  Ledger Live Desktop(デスクトップ)  Ledger Live Mobile(モバイル)

デスクトップのDAppsに接続する

  1. DAppsに移動する。
  2. WalletConnectに接続する。
    QRコードが表示される。
  3. QRコードをクリップボードにコピーする。
  4. Ledger Liveを開く。
  5. Ethereum/PolygonまたはBinance Smart Chainのアカウントページに移動する。
  6. 「管理」ボタンをクリックし、次にWallet Connectをクリックする。
    Wallet Connect画面が表示される。
  7. コピーしたQRコードをクリップボードに貼り付ける。「続行」 をクリックする。
  8. 接続の詳細を確認し、「続行」をクリックする。
    確認画面が表示されます。

これでLedger Live DesktopとDAppの接続が完了しました。デスクトップ上のdAppにウェブブラウザでアクセスできるようになりました。

この記事は役に立ちましたか?