Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

Ledgerデバイスを工場出荷時の設定にリセットする方法

デバイスを工場出荷時の状態にリセットすると、お客様のLedger Nanoデバイスから秘密鍵やアプリ等の設定が削除されます。リセットして新しいデバイスとして設定(Ledger Nano S / Nano S Plus / Nano X)、別のリカバリーフレーズを復元、またはデバイスを安全に譲渡することができます。

事前準備

  • デバイス上の秘密鍵をバックアップする24単語のリカバリーフレーズの唯一の所有者がご自身であることを確認してください。

手順

 リカバリーシートはお持ちですか?

リカバリーシートを持たずにデバイスをリセットすると、お客様の暗号資産へのアクセスを提供する秘密鍵が消去されてします。永久にご自分の暗号資産にアクセスできなくなります。

対象のデバイス本体のリセットは、設定メニューから行うか、ロック解除時に誤ったPINコードを3回入力することで可能です。 

デバイス設定からリセットする
  1. PINコードを入力してLedgerデバイスのロックを解除する。
  2. 両方のボタンを3秒間長押しして「Control Center」を開く
  3. 「Settings」移動し両方のボタンを押して確定する。
  4. 「Security」選択し両方のボタンを押して確定する。
  5. 両方のボタンを押して「Reset device」選択する
  6. 続けるために右のボタンを押すと、警告が表示される。
  7. 両方のボタンを押して「Reset device」を実行する。
  8. PINコードを入力して確定する。その後、デバイスがリセットされます。
PINコードからのリセット
  1. Ledgerデバイスの電源を入れる。
  2. 間違ったPINコードを3回連続して入力する。
  3. 誤入力を続けて3回行うと、セキュリティ上の理由からデバイスがリセットされます。

次のステップ

デバイスをリセットし、工場出荷時の状態に戻すことができた後は、次のいずれかの方法が可能です。

デバイスが自動的にリセットされましたか?

リセットされるとデバイスに「Welcome to Ledger Nano S / S Plus / Xと表示されます。デバイスのファームウェアアップデート後やバグの発生後に、デバイスが自動的に工場出荷時の状態にリセットされる場合があります。

ご心配なく。お客様の暗号資産は、24単語のリカバリーフレーズを持っている限り安全です。この指示に従って、リカバリーフレーズから秘密鍵を復元してください。

この記事は役に立ちましたか?