Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

自動認証ができない場合

Ledger LiveでEthereumのアドレスを入力する際に、すべて小文字または大文字で入力すると、「このアドレスでは自動認証が利用できません 」というメッセージが表示されます。アドレスを再確認した上で、最初は少額のテスト送付を 行うなどをして、慎重に進めてください。

このメッセージが表示される理由

Ethereumのアドレスは、EIP-55で指定されているように、小文字と大文字が混在している場合、タイプミスが自動的に検出されます。小文字と大文字の組み合わせでチェックサムをエンコードし、Ledger Liveを使えるようにして、そのアドレスが有効なEthereumアドレス であるか確認します。

ほとんどのウォレットアプリケーションやサービスがEIP-55に対応していますが、一部非対応の場合があります。その場合、Ledger Liveが特別なメッセージを表示してお知らせします。

Ethereumウォレットのアドレスは、大文字と小文字で区別されますか?

EthereumおよびEVMアプリでは、大文字と小文字が区別されません。これは、文字が正確で正しい限り、大文字と小文字の区別は問題にならないことを意味します。ネットワークは大文字と小文字を区別しません。Aはaと同じで、Bはbと同じです。

トランザクションを安全に行う

  • アドレスの入力後は、再度確認する。
  • 大きい額のトランザクションを実行する前に、テスト用として少額を送付する。
  • 安全な取引のための詳しい対策については、こちらの記事 をご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?