Ledger Live Desktopの強制終了

LinuxでLedger Live 2.30.0がクラッシュする

  • LinuxユーザーがLedger Liveバージョン2.30.0にアップデートすると、クラッシュする可能性があります。
  • この問題は、最新バージョンのLedger Liveにアップデートすることで解決します。Ledger Live のダウンロードページからLedger Liveの最新版をダウンロードしてください。

Windowsユーザー

影響を受けたWindowsユーザーは、Microsoft Visual C++ redistributableをダウンロードしてください。MacOS、Linuxをご使用の場合は、Ledger Liveアプリをアップデートしてください。詳しい手順は以下の通りです。

crash_screen_2.2.png
このクラッシュ画面はMicrosoft Visual C++ redistributableを Windows にインストールすることで解決する場合があります

 Windows 7

なお、Ledger LiveはWindows 7には対応していません。下記の解決策で問題が解決しない場合は、サポートされているプラットフォーム(macOS 10.10 (64-bit)、Windows 8.1 (64-bit)、Linux Ubuntu 16.10)でお試しいただかない限り、以降のサポートはできませんのでご了承ください。

一部のユーザーでLedger Liveがクラッシュし、起動時にエラー画面が表示されることがあります。 再起動ボタンはクリックしないでください。デバイスの接続や同期のエラーの原因になります。

解決策

赤いリセットボタンがクラッシュ画面に表示されている場合: 

  1. Ledger Liveを閉じる。
  2. Ledger Live最新版をダウンロードしてインストールする。
      潜在的なウイルス対策トロイの木馬の警告は、無視してください。当社のアプリは、Electron-builder 22.4.1で構築されています。そのうちの、最近のバージョンNSIS版は、ウイルス対策スキャナーで誤検出される場合があります。

クラッシュ画面で、青色ボタンが1つだけ表示されている場合。 

  1. Ledger Liveを閉じる。
  2. Microsoft Visual C++ redistributable packageをダウンロードする。
    詳細は、 Microsoftのウェブサイト でご確認ください。
  3. ダウンロードしたvc_redist.x64.exeを開く
  4. パッケージが、必要なコンポーネントをコンピューターにインストールする。
  5. 再びLedger Live利用可能になります。

LinuxまたはmacOS

 macOS 10.13

Ledger Liveのバージョン2.33以降は、macOSバージョン10.13には対応していません。なお、macOS 10.13以前のバージョンは、Appleによるサポートも終了しています。古いバージョンのmacOSを使用すると、潜在的なセキュリティのリスクにつながる可能性があります。お使いのmacOSのバージョンを最新版にアップデートしていただけない場合は、サポートができかねますのでご了承ください。

macOSやLinuxでLedger Liveの起動時にクラッシュが発生する場合は、最新版をインストールしてください。

  1.  ledger.com/ledger-live/download よりダウンロードが可能。任意で、こちらから署名を確認できます。
  2. アップデート後にパスワードが機能しなくなった場合は、ユーザーデータフォルダを削除してください。パスワード機能はアップデートと相互対応はしていません。以下からプラットフォームを選ぶ:

MacOS

  1. 以下のアドレスをコピー:
    ~/Library/Application Support
  2. Finderのウィンドウを開く。
  3. 上部のメニューバーで「移動」> 「フォルダへ移動」、またはキーボードショートカットの⇧⌘G を押す。
  4. 手順1でコピーしたアドレスを貼り付けて、 移動 をクリックする。
  5. Ledger Liveフォルダを探し、削除する(ゴミ箱にドラッグするか、⌘+削除キーを押す)。
  6. Ledger Liveを起動後、デバイスの設定方法を聞かれた場合は、 デバイスを接続するオプションを選択する。その後、「アカウントを追加する」でポートフォリオを復元する。

Linux 

  1. ユーザーデータフォルダに移動する。
    ~/.config/Ledger\ Live
  2. Ledger Liveフォルダ内のファイルをすべて削除する。
  3. Ledger Liveを起動後、デバイスの設定方法を聞かれた場合は、 デバイスを接続するオプションを選択する。その後、「アカウントを追加する」でポートフォリオを復元する。

この記事は役に立ちましたか?