同期エラーを解決

Ledger Liveでは、Ledgerのブロックチェーンエクスプローラーに一時的な問題が発生している場合、あるいは発生していた場合に、同期エラーが発生する可能性があります。この問題は、Ledger Liveを最新バージョンにアップデートして、サービスの復旧後にCacheを削除することで解決できます。

Ledgerのブロックチェーンエクスプローラーは、さまざまなブロックチェーンネットワーク上のすべてのトランザクションを検証、保存、およびインデックス化するフルノードです。Ledger Liveは、ブロックチェーンエクスプローラーからトランザクションの履歴を要求することで、各アカウントの残高を計算します。

  エラーが発生してもコインは安全ですか?

はい。保有しているコインは安全です。同期エラー中は、Ledger Liveでコインの管理ができなくなります。しかし、コインはブロックチェーン上に安全に保管されます。また、秘密鍵はLedgerデバイスに保護されていますのでご安心ください。また、Ledgerデバイスで他のウォレットを使用することも可能です。

同期エラーを特定する

  • 以下のエラーコードは、同期エラーを示しています。
    • 同期エラー
    • HTTP API 503
    • HTTP API 500
    • 503 service unavailable
  • アカウントページに移動して、どの暗号資産で同期エラーが発生しているのかを確認します。

    Synchronization_error_2.png    Synchronization_error.png
  • status.ledger.comにアクセスするか、Twitterで@Ledger_Supportをフォローしてください。ネットワークサービスの中断が発生した場合は、これらの場所で報告されます。

サービス復旧後に同期を実行する

  1. Ledger Liveのバージョンが最新であることを確認する。
  2. status.ledger.comまたはTwitterで、サービスが復旧されたことを確認する。
  3. Ledger Liveの「同期」ボタンをクリックして、同期エラーが解決されたかどうかを確認する。
  4. 問題が解決しない場合は、以下の手順に従ってCacheを削除する。

Cacheを削除する

この手順は、ネットワークサービスが復元されている場合にのみ機能します。

  1. 右上の歯車アイコンをクリックして、Ledger Liveの「設定」に移動する。
  2. 「ヘルプ」 タブに移動する。
  3. 「Cacheを削除」ボタンをクリックする。
  4. 表示されるウィンドウで「確認」をクリックする。

まだ解決していませんか?

  • Ledgerのブロックチェーンエクスプローラーに一時的な障害が発生した場合でも、保有している暗号資産は安全です。ご安心ください。
  • コインはブロックチェーン上で安全に保存され、秘密鍵はLedgerデバイス上で安全に保管され続けます。
  • いつでも、Ledgerデバイスで外部ウォレットを使用することが可能です。対応している暗号資産一覧をご確認ください。BitcoinにはElectrum、EthereumにはMyEtherWalletをご利用いただけます。

この記事は役に立ちましたか?