IOTA(MIOTA)

  Chrysalisネットワークアップグレード 

2021年4月28日に実施されたChrysalisアップグレードに伴い、Trinity walletFirefly walletに変更されました。ネットワークのアップグレード前にLedgerデバイスでIOTAを管理していた場合は、Firefly walletを使い始める前に、トークンを新しいChrysalisネットワークに移行する必要があります。移行の手順については、Chrysalis Migration Guideを参照してください。

LedgerハードウェアウォレットにIOTAアプリをインストールすると、公式のFirefly walletでMIOTAを管理できるようになります。IOTAアプリはIOTAコミュニティによって開発、サポートされています。詳しくはIOTAウォレットのページを参照してください。

 IOTAアカウントをLedger Liveに追加することはできません。

事前準備

IOTAアプリのインストール

  1. Ledger Liveで「管理」を開く。
  2. Ledgerデバイスを接続してロックを解除する。
  3. 必要な場合は、デバイス上で許可する。
  4. アプリカタログでIOTAを検索する。
  5. アプリのインストールボタンをクリックする。
    • インストール画面が表示される。
    • デバイスにProcessing...と表示される。
    • アプリのインストールが完了する。

次のステップ

  • 詳しい手順については、Firefly user guideを参照してください。
  • ヘルプが必要な場合は、IOTAコミュニティのDiscordにお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?