Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

Ethereum(イーサリアム/ETH)

USDT/USDCトランザクションに失敗しました

  • トランザクションのガス制限が低すぎる可能性があります。
  • カスタムトランザクションを作成し、ガス制限65000に設定してください(以下参照)。カスタムトランザクションの詳細については、こちらをご覧ください。
  • それでもトランザクションが完了しない場合は、LedgerデバイスをMetamaskに接続して、トランザクションを再試行してください。

    mceclip0.png

この記事は、最初のLedger Ethereum (ETH) アカウントを設定する際にご活用ください。

 EthereumアプリはLedgerによって開発、サポートされています。詳しくはEthereumウォレットのページを参照してください。

事前準備

  • コンピューターにLedger Liveをダウンロードしてインストールする。Ledger Liveの開始方法については、こちらをご覧ください。
  • Ledger Liveを開き、LedgerデバイスをMy Ledgerに接続してデバイスが最新のファームウェアバージョンを実行していることを確認する。
  • Ledger Nano SNano S Plus / Nano X ファームウェアをアップデートする。

Ethereum (ETH) アプリをLedgerデバイスにインストールする

  1. Ledger Liveを開き、My Ledgerタブに移動する。
  2. Ledgerデバイスを接続してロックを解除する。
  3. 必要に応じて、デバイスでMy Ledgerを許可する。
  4. アプリカタログでEthereum(ETH)アプリを検索します。
  5. インストールボタンをクリックして、Ledgerデバイスにアプリをインストールする。
    • LedgerデバイスにProcessing.と表示されます。
    • Ledger Liveにインストール済みと表示される。

高度な機能

ブラインド署名を有効にする。

 この設定の名称は、分かりやすくするためにContract DataからBlind signingに変更されましたのでご注意ください。

  1. Ledgerデバイスを接続してロックを解除する。
  2. Ethereum のアプリを開く。
  3. 右ボタンを押して、「Settings 」に移動する。その後、両方のボタンを押して有効にします。
  4. Blind signingの設定で、両方のボタンを同時に押してトランザクションのBlind signingを有効にします。
    デバイスにEnabled(有効)と表示されます。

blind_signing_eth_app_5.gif

ブラインド署名を有効にする際の注意事項

  • ブラインド署名の有効化は、スマートコントラクトを含むトランザクション(例:分散型取引所でのトークンスワップなど)に署名する場合にのみ必要となる高度な機能です。
  • 使用後は、ブラインド署名を無効に戻すことをお勧めします。
  • ブラインド署名は、ファームウェアのアップデート後、またはEthereum (ETH) アプリのアップデート後に自動的に無効になりますのでご注意ください。
  • Ledger Liveの「My Ledger」からアプリを手動でアップデートした場合や、アプリの再インストールが必要となるファームウェアのアップデート後に発生する可能性があります。上記の手順を実行することで、必要に応じてブラインド署名を再び有効にできます。

トラブルシューティング

ガスの使用について
  • トランザクションの手数料として支払われるEthereumイーサリアム(ETH)はガスと呼ばれます。
  • ガス代:ガス1単位あたりのEthereumの消費量。これによってトランザクションの速度が決まります。
  • ガスリミット:支払うガスの単位数の上限。ガスリミットの設定を低くしすぎると、ガス欠でトランザクションが拒否される可能性があります。ETH相当の燃焼ガスだけが残高から差し引かれ、送金されるはずだった金額がアカウントに残ります。

    tx_failed.png
自動認証が利用できない旨のメッセージ
Ledger LiveでEthereumのアドレスを入力する際に、すべて小文字または大文字で入力すると、auto verification is not available for this address(このアドレスでは自動認証が利用できません) 」というメッセージが表示されます。
Ethereumのアドレスは大文字と小文字を区別しないことに注意してください。
アドレスを再確認し、最初に少額のテスト送付を行うなど、特に慎重に進めてください。詳細こちらの記事をご覧ください。
ETHをEthereum ClassicなどのEthereumベースのアカウントに送付してしまった

ETHを誤ってEthereum ClassicなどのEthereumベースのアカウントに送付してしまった場合は、Eth recoveryアプリを使って取り戻すことができます。Eth recoveryアプリの使い方については、こちらの記事をご参照ください。

最後の手順

  • Ledger Liveで、最初のEthereum(ETH)アカウントを作成する。詳細はこちら
  • LedgerのEthereumアカウントでETHとERC20トークンを受け取る詳細はこちら
  • LedgerのEthereumアカウントからETHとERC20を送る詳細はこちら
  • Ledger EthereumアカウントからERC20トークンを管理する。詳細はこちら
  • Ledger LiveからLedger Ethereumアカウントで直接ETHを購入する。詳細はこちら
  • ETHをステーキングして受動的な報酬を獲得する。詳細はこちら
  • ETHとEthereumネットワークの詳細こちら

この記事は役に立ちましたか?