Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

Ethereum(イーサリアム/ETH)

EthereumFAQ

この記事では、LedgerデバイスとLedger Liveアプリを使用して最初のEthereum (ETH) アカウントを作成する方法を説明します。

 予定されているイーサリアムCancun - Dened (Dencun) アップグレードのお知らせ

イーサリアムの次のメジャーアップグレードである Dencun は、2024年3月13日のエポック269568で公開される予定です。このアップデートでは、イーサリアムL2チェーンをより安価に追加する方法である EIP-4844 (proto-dankshardingとしても知られています) が導入されます。データをイーサリアムブロックチェーンに転送します。

Ledgerユーザーは、イーサリアムDencunハードフォークの影響を受けません。Ledger Liveのイーサリアム (ETH) アカウントは、アップグレード前から完了まで通常どおりご使用いただけます。これに関する手続きは不要です。一方、詐欺には十分注意してください。ハードフォークにおいて、リカバリーフレーズが必要になることはありません。リカバリーフレーズは、誰とも共有しないでください。

事前準備

  • コンピューターにLedger Liveをダウンロードしてインストールする。Ledger Liveの開始方法については、こちらをご覧ください。
  • Ledger Liveを開き、LedgerデバイスをMy Ledgerに接続してデバイスが最新のファームウェアバージョンを実行していることを確認する。
  • Ledger Nano SNano S Plus / Nano X ファームウェアをアップデートする。

Ethereum (ETH) アプリをLedgerデバイスにインストールする

  1. Ledger Liveから、My Ledgerに移動する。
  2. Ledgerデバイスを接続してロックを解除する。
  3. 必要に応じて、デバイスでLedger Liveを許可する。
  4. アプリカタログでEthereum(ETH)アプリを検索します。
  5. インストールボタンをクリックして、Ledgerデバイスにアプリをインストールする。
    • LedgerデバイスにProcessing.と表示されます。
    • Ledger Liveにインストール済みと表示される。

 Ethereum (ETH) およびEthereum Classic (ETC)

Ethereum (ETH) とEthereum Classic (ETC) は 2つの異なるネットワークを表します。ETHは、DeFi、スマートコントラクト、ERC20トークン、NFTに広く使用されている非常に人気のあるPoS (プルーフ・オブ・ステーク)ネットワークです。対照的に、ETCはPoW(プルーフ・オブ・ワーク)システムで動作するため、それほど一般的には使用されていません。暗号資産に挑戦していてEthereumを念頭に置いている場合は、おそらくEthereum (ETH) が必要になるでしょう。

Ledgerデバイスを使用してEthereum (ETH) アカウントをLedger Liveに追加する

  1. Ledger Liveで、「アカウント」に移動する。
  2. +アカウントを追加をクリックし、ドロップダウンメニューからEthereum (ETH)を選択し、続行をクリックします。



  3. メッセージが表示されたら、ボタンを使用してLedgerデバイスでEthereumアプリを開く。
  4. アカウントに名前を付けるか、デフォルトの名前を使用するかを選択するオプションが表示されます。すべて問題がなければ、Ledger Liveでアカウントを追加をクリックします。
  5. 完了」をクリックして、Ledger Liveへのアカウントの追加を完了する。

    Ethereumアカウントに移動し、「Receive(受取)」ボタンを使用して、LedgerデバイスでEthereumアカウントアドレスを取得および確認してください。それを使用してETHコイン、ERC20トークン、およびイーサリアムNFTをLedgerアカウントで受け取ることができます。

高度な機能

ブラインド署名を有効にする。

 この設定の名称は、分かりやすくするためにContract DataからBlind signingに変更されましたのでご注意ください。

  1. Ledgerデバイスを接続してロックを解除する。
  2. Ethereum のアプリを開く。
  3. 右ボタンを押して、「Settings 」に移動する。その後、両方のボタンを押して有効にします。
  4. Blind signingの設定で、両方のボタンを同時に押してトランザクションのBlind signingを有効にします。
    デバイスにEnabled(有効)と表示されます。

blind_signing_eth_app_5.gif

ブラインド署名を有効にする際の注意事項

  • ブラインド署名の有効化は、スマートコントラクトを含むトランザクション(例:分散型取引所でのトークンスワップなど)に署名する場合にのみ必要となる高度な機能です。
  • 使用後は、ブラインド署名を無効に戻すことをお勧めします。
  • ブラインド署名は、ファームウェアのアップデート後、またはEthereum (ETH) アプリのアップデート後に自動的に無効になりますのでご注意ください。
  • Ledger Liveの「My Ledger」からアプリを手動でアップデートした場合や、アプリの再インストールが必要となるファームウェアのアップデート後に発生する可能性があります。上記の手順を実行することで、必要に応じてブラインド署名を再び有効にできます。

トラブルシューティング

ガスの使用について
  • トランザクションの手数料として支払われるEthereumイーサリアム(ETH)はガスと呼ばれます。
  • ガス代:ガス1単位あたりのEthereumの消費量。これによってトランザクションの速度が決まります。
  • ガスリミット:支払うガスの単位数の上限。ガスリミットの設定を低くしすぎると、ガス欠でトランザクションが拒否される可能性があります。ETH相当の燃焼ガスだけが残高から差し引かれ、送金されるはずだった金額がアカウントに残ります。

    tx_failed.png
自動認証が利用できない旨のメッセージ
Ledger LiveでEthereumのアドレスを入力する際に、すべて小文字または大文字で入力するとauto verification is not available for this address(このアドレスでは自動認証が利用できません)」というメッセージが表示されます。
Ethereumのアドレスは大文字と小文字を区別しないことに注意してください。
アドレスを再確認し、最初に少額のテスト送付を行うなど、特に慎重に進めてください。詳細こちらの記事をご覧ください。
ETHをEthereum ClassicなどのEthereumベースのアカウントに送付してしまった

ETHを誤ってEthereum ClassicなどのEthereumベースのアカウントに送付してしまった場合は、Eth recoveryアプリを使って取り戻すことができます。Eth recoveryアプリの使い方については、こちらの記事をご参照ください。

Ledger Liveでイーサリアム (ETH) をスワッピング

Ledger Liveのスワップ機能を使用すると、Ethereum(ETH)をBitcoin(BTC)、Solana(SOL)、USDT Tether、XRP、Dogecoin(DOGE)などを含む他の暗号資産と安全にスワップできます。2023年12月の時点で、Ethereum (ETH) アカウントからスワップトランザクションを開始するには、最低0.0285 ETHが必要です。



最後の手順

  • LedgerのEthereumアカウントでETHとERC20トークンを受け取る詳細はこちら
  • LedgerのEthereumアカウントからETHとERC20を送る詳細はこちら
  • Ledger EthereumアカウントからERC20トークンを管理する。詳細はこちら
  • Ledger LiveからLedger Ethereumアカウントで直接ETHを購入する。詳細はこちら
  • ETHをステーキングして報酬を獲得する。詳細はこちら
  • ETHとEthereumネットワークの詳細こちら

 Wrapped ETH (WETH) とは?

Wrapped ETH (WETH) は、ETHの価値を反映するERC20トークンです。その価値は通常のETHと同等ですが、WETHは特定のDAPPやスマートコントラクトとのやり取りを容易にするため便利なトークンです。ERC20トークンとして、WETHをEthereum (ETH) アカウントに送信し、他のERC20トークンと同様にLedger Liveで管理できます。送信後、WETH残高はLedger LiveのEthereum (ETH) アカウント内に表示されます。

この記事は役に立ちましたか?