MyCryptoの設定と使用

  ChromeでのU2Fのタイムアウトについて

Chromeの変更に伴い、MyCryptoなどのウェブアプリでU2Fのタイムアウト問題が発生する場合があります。お使いのLedgerデバイスが 最新のファームウェア であることを確認し、マネージャで アプリ を再インストールしてください。Windowsで USBドライバー の更新も合わせてお試しください。

LedgerデバイスにEthereumアプリをインストールして、ETHやERC20トークンを MyCrypto で管理する。EthereumアプリはLedgerによって開発し、サポートされています。詳細は、MyCrypto のページをご確認ください。

事前準備

Ethereumアプリのインストール

  1. Ledger Liveで「管理」を開く。
  2. Ledgerデバイスを接続してロックを解除する。
  3. 必要な場合は、デバイス上で許可する。
  4. アプリカタログでEthereumを検索する。
  5. アプリのインストールボタンをクリックする。
    • インストール画面が表示される。
    • デバイスにProcessing...と表示される。 
    • アプリのインストールが完了する。

Contract Data(コントラクトデータ)の有効化

ERC-20トークンを送付したい場合は、お使いのデバイスでContract Dataを有効にする必要があります。それ以外の場合は、 invalid status 6a80 が表示されます。

Contract Dataを有効化する: 

  1. Ledgerデバイスを接続してロックを解除する。
  2. Ethereumアプリを開く。
  3. 右ボタンを押して、Settingsに移動する。両方のボタンを押して確定する。
  4. Contract dataの設定で、両方のボタンを押して、トランザクションでのContract dataを許可する。
    Allowedと表示される。

次のステップ

  • セットアップ方法については、 MyCrypto のユーザーガイドをご確認ください。
  • サポートが必要な場合は、MyCryptoへお問い合わせください。

  派生パス

Ledger Liveで使用されている派生パスにご注意ください。

  • Ledger Liveは、パスに新しいETHアカウントを作成します: m/44'/60'/0'/0

この記事は役に立ちましたか?