設定を復元する

Ledger Blueデバイスの設定を復元して、復元、交換、またはクローンを作成可能です。Ledger Blueは、リカバリーフレーズから秘密鍵を復元します。

注意:「デバイスをセットアップ」で、新しい秘密鍵を作成し、関連するリカバリーフレーズを保存します。

事前準備

  • 復元するリカバリーフレーズを取得する。 BIP39 / BIP44リカバリーフレーズ に対応。
  • 最新のファームウェアのバージョンへアップデートする。
  • お使いのコンピューターを確認:
    Windows 8.1以降、macOS 10.10以降、またはLinuxであること。
    - USBポートがあること。アダプターはUSB-Cポート用を使用すること。
    - インターネットに接続されておりGoogle Chrome / Chromiumがインストールされていること。 

復元を開始する

  1. USBケーブルを使用し、Ledger Blueをパソコンに接続する。
  2. ボタンを押して、デバイスの電源を入れる。「Welcome」 と画面に表示される。
  3. 「Restore configuratio」 をタップする。

PINコードを選択

  1. 4~8桁のPINコード を選ぶ。
  2. 「Continue」をタップする。
  3. PINコードを2回度入力する。「Continue」をタップして確定する。
  • 自分でPINコードを選ぶ。このコードで、デバイスのロック解除できます。 
  • 8桁のPINコードを設定すると、最適なレベルのセキュリティが提供されます。
  • PINコードやリカバリーフレーズがすでに設定されたデバイスは、絶対に使用しないでください。
  • ご質問は、 Ledgerサポートにお問い合わせください。

 

リカバリーフレーズの入力

  1. リカバリーフレーズの長さを選択する(12、18、24単語)。
    注意:Ledgerハードウェアウォレットでは、24単語のリカバリーフレーズが作成されます。
  2. Word #1(1個目の単語)を入力する。
  3. 提案された単語の中からWord #1(1個目の単語) を選択する。
  4. この作業をリカバリーフレーズのすべての単語で繰り返す。
  5. リカバリーフレーズの入力が完了すると、「Your device is ready」と表示される。
  6. 「Start」をタップして、ダッシュボードにアクセスする。
  • お客様ご自身が、24単語のリカバリーフレーズの唯一の保有者であることを確認してください。
  • Ledgerは、お客様の24単語のバックアップを保管しません。
  • リカバリーフレーズやPINコードが付属してたデバイスは、絶対に使用しないでください。
  • ご不明な点がございましたら、Ledgerサポートまでお問い合わせください。

リカバリーフレーズが有効でない場合

  1. 正しいリカバリーフレーズの長さが選択されていることを確認する。リカバリーフレーズは、必ずすべての単語を入力する。
  2. デバイスに入力された単語の順番が、記入された リカバリーシートの順番と一致していることを確認する。
  3. リカバリーフレーズのすべての単語が BIP39 の単語リストにあることを確認する。

詳細はこちら

Ledger Blueの設定の復元が正常に完了しました。

この記事は役に立ちましたか?