24単語のリカバリーフレーズとPINコードを安全に保管するには?

リカバリーフレーズを保護するには?

24単語のリカバリーフレーズ(別名:ニーモニック または シードフレーズ)は、暗号資産への鍵となります

リカバリーフレーズにアクセスできる人なら誰でも、自分のデバイスやソフトウェアウォレットに非常に簡単にアカウントをクローニング し、資金を使用することができます

フレーズは、常に安全かつプライベートに保管することが非常に重要となります。

 技術的な問題が発生した場合、Ledgerサポートにリカバリーフレーズの提出が必要となることがありますか?

  • いいえ。Ledgerサポートチームは、サポートを提供する際に24単語のリカバリーフレーズをお尋ねすることはありません
  • リカバリーフレーズを尋ねる人物がいた場合、詐欺師であることを疑ってください。
  • リカバリーフレーズは、Ledgerを含む誰とも決して共有してはなりません。

 ここには、リカバリーフレーズ安全に保管するためのヒントをまとめました

  • 24単語のリカバリーフレーズが、初期設定時にLedgerデバイスの画面で取得されたものであることを確認してください。リカバリーフレーズは、箱に同梱されているものではありません。同梱のリカバリーシート一式は、空白である必要があります。
  • リカバリーフレーズのデジタルコピーを作成しないでください。フレーズの写真を撮らないでくださいパスワードマネージャーにフレーズを保存しないでください。リカバリーフレーズは、常にオフラインで保管する必要があります。
  • 最初にリカバリーフレーズを書き留める際は、各単語に正しく番号を振ってください。鉛筆ではなくボールペンを使用してください。読みやすいように大文字を使用してください。BIP-39リストを使用して、各単語のスペルが正しいことを確認してください。
  • リカバリーフレーズの物理的なコピーを、常に保管しておいてください。リカバリーフレーズを記憶することは、長期間のコールドストレージには安全ではありません
  • リカバリーフレーズのバックアップには、Crypto Steel Capsule Soloの使用を検討してください。
  • リカバリーフレーズは、複数に分割しないでくださいその理由はこちらで説明しています
  • 単語の順番を変えないでください
  • Ledgerの24単語のリカバリーフレーズは、MetaMaskに入力しないでください。情報漏洩のおそれがあります。
  • Metamaskの12単語のリカバリーフレーズは、Ledgerデバイスにシードしないでください。MetaMaskのリカバリーフレーズは、オンラインで生成されます。そのため、安全であるとは言えません。それをLedgerデバイスにシードした場合、そのリカバリーフレーズに関連するすべてのLedgerアカウントが危険にさらされます。
  • 物理的な攻撃から身を守るための方法を学ぶ。詳しくはこちらを参照してください。
  • リカバリーフレーズの仕組みについては、こちらの動画をご覧ください。

PINコードを保護するには?

リカバリーフレーズと同様、PINコードもデバイスのセットアップ時に設定する必要があります。強力なPINコードは、Ledger アカウントのセキュリティの鍵となります。

  • PINコードは必ず自分で設定してください。自分で選んでいないPINコードは、絶対に使用しないでください。
  • PINコードの入力は、必ず人目につかないところで行ってください。
  • PINコードは、コンピューターや携帯電話に絶対に保管しないでください
  • 情報漏洩の恐れがある場合は、PINコードを変更してください。詳しくはこちら。
  • 誤ったPINコードを3回連続で入力すると、Ledgerデバイスがリセットされる点にご注意ください。この場合の唯一の解決方法は、リカバリーフレーズを使用してアカウントを復元することです

 強力なPINコードを設定するには?

  • 8桁のPINコードは、4桁のPINコードよりも安全性が高くなります
  • 推測されにくいPINコードを選ぶようにしてください。0000、12345678、555555などの推測しやすいPINコードは、安全ではありません
  • 生年月日をPINコードに使用しないでください

高度なセキュリティ機能

  • パスフレーズで、アカウントのセキュリティを最大限に高めましょう(この機能は上級者ユーザーにのみ推奨)。
  • ご不明な点がございますか?Ledgerサポートまでお問い合わせください。喜んでお手伝いさせていただきます。

この記事は役に立ちましたか?